熱中症対策 建設現場での対策とは?

建設現場での熱中症について

今回は夏の建設現場での最大の注意事項 「熱中症」を取り上げます。

毎年熱中症によるニュースが報道されますが、基本的に認識不足からの事故例が多いです。

 

管理人は現役現場作業員ですので、普段どういった事に注意すべきか?

それから、建設現場での「熱中症対策」への取り組みを紹介します。

規則が厳しくなってきた建設現場ですが、まだまだ認識の甘い現場も多いです。

 

熱中症対策をしている現場

熱中症は処置が遅れると、「死」につながる病気です。

しかし、基本的なことをキチンと注意すれば未然に防げます。

SPONSORED LINK



 

しっかりと熱中症を予防し、暑い夏を健康に過ごしましょう!

専門的な表現はあえて避けて、わかりやすく書きますね! (*´∀`)

※ 記事を追記しました。
最後のまとめ記事に最新の熱中症対策を書きました。

 

建設現場での熱中症対策 普段から注意する3つのポイント

 

注意するべき事は、非常にシンプルです。

まずは普段の生活習慣を見直しましょう!

 

十分な睡眠をとる

どの季節でも基本的なことですが、夏場は特に重要なことです。

ただでさえ重労働な建設現場。

現場の環境にもよりますが、寝不足なんて事はもってのほかです!!!

 

高所作業の場合はそのまま命に直結しますからね。

寝不足⇒過労につながり、良くないのは判りますね?

夏場は特に体力を奪われますから、十分な休息が必要と言う事です。

 

 

アルコールの取り過ぎに注意!

夏場はついつい過剰にアルコールを取り過ぎます。

気持ちは判りますが本当に危険です。

 

簡単に書きますが、アルコールなどは利尿作用があり

水分を奪われます。

 

水分が奪われると言う事は、血液がドロドロになると思って下さい。

イメージしただけで怖いですね。

そんなドロドロの血液のままで、大量の汗をかいたら・・・・

 

 

((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

 

 

管理人は以前、建設現場での「熱中症による死亡事故」を目の当たりにしました。

 

7月の後半くらいの事でした。

いつも通りに作業前の「ラジオ体操」を行っていると、

1人の作業員の方が途中で退出されました。

 

「気分が悪い・・・」

 

そう言って、そのまま病院へ直行されたのですが

そのまま亡くなられました。

 

次の日、現場監督から説明がありましたが死因は「熱中症」でした。

しかも、「熱中症」の原因は前日のアルコールの取り過ぎだと・・・。

出勤前から頭が痛かったそうです。

 

作業中に大量の汗をかく

水分が欲しくなる

我慢して仕事終わりにビールを大量に飲む

そのまま眠る

夏場は暑いですから、アルコールの摂取で眠りやすいとは思います。

しかし、ここに落とし穴が潜んでいるんですね。

 

暑い日は睡眠時でも大量の汗をかきます。

体の水分が汗とアルコールにより奪われ血液がドロドロ状態になります。

結果、「熱中症」となります。

 

美味しい気持ちは理解出来ますが、注意が必要ですよ!

 

 

こまめに水分を取る

基本中の基本です。

のどが渇く前に飲むのが理想です。

ここで注意点ですが、ただ水を取れば良い訳ではありません。

 

水分+塩分を取りましょう!

 

ご存知の方も多いでしょうが、夏場は大量の汗をかき塩分を奪われますね。

塩分が奪われると熱中症の症状の中でも、「熱けいれん」にかかるケースが多いです。

しかし、大量の塩分は体に悪いので、スポーツドリンクなどで
水分+塩分を補給しましょう。

 

寝る前の水分補給も忘れずに!

 

お年寄りなどに多いですが、眠っている間に熱中症になるケースもあります。

年齢と共に、感覚が鈍くなり、脱水症状に気付きにくくなるのです。

 

人間は普段から大量の汗をかいているのです。

夏場は特に意識して水分補給をおこないましょう。

SPONSORED LINK



建設現場における熱中症対策

最近の建設現場では、ルール(規則)が厳しくなり

特に「熱中症」に関しては大変厳しいです。

 

大手ゼネコン(スーパーゼネコン)各社の対策としては

現場に設けられている休憩所に氷を常備しています。

さらにスポーツドリンク、塩、塩飴などが大量に用意されています。

 

休憩所にはクーラーも用意されていまして、積極的な休憩を推奨されています。

また、あるゼネコンでは、休憩を推奨するあまり休憩を行ったか調べる為に

電話で確認を取るゼネコンも存在します。

 

いちいち邪魔くさいと思いますが、現場も必死なのですね。

熱中症だけは突然かかる病気ですから・・・ ((;゚Д゚))

 

それからヘルメットの後ろに「日よけ」を付ける現場もあります。

首の後ろを直射日光からガードする為です。

これも全作業員に配られます。

 

大手ゼネコンとは反対に、中小ゼネコンではまだまだ認識が甘いところも存在します。

 

長引く不景気によるコストカットや、納期短縮などで現場にも余裕が無い場合が多いです。

取り組みはされているのでしょうが、大手に比べると甘いですね。

自分の体は自分で守るしかないのが現状です。

 

 

建設作業員の熱中症対策まとめ

  • アルコールの過剰摂取に注意する
  • 睡眠を十分に取り、体を休める
  • こまめな水分補給を心掛ける
  • 塩分補給を忘れない
  • 休憩をこまめに取る

 

追記 8月7日

暑い日が続くなかですが、新しい取り組みをされてる
現場の事例を記載してきます。

こまめな休憩を薦めるのは最早常識ですが、
最近は朝礼時に「フェイスチェック」を行う現場も出てきました!

フェイスチェックとは?

朝礼後に行う個別のミーティング時に
職長が作業員にアンケートを行います。

アンケート内容としては、
1) 朝食を食べたか?
2) 前夜に飲酒したか?
3) 睡眠時間は?
4) 現在の状況は?(ダルさ・汗のかき方)

簡単な事ですが毎朝チェックします。

その中で異常や問題がなければ作業出来るというものです。
この「フェイスチェック」ですが、適当に行えばそれまでです。
そこで、某大手ゼネコン様では、このチェックシートを毎日回収して
いい加減な記入をしていないか、チェックしています。

また、強制的に水分を取らせるケースもあります。

作業前の「強制飲水」というものです。

朝礼後、作業に掛かる前に無理やりにでも水分を取るというものです。
現場に用意されている、「ウォータークーラー」で必ず
水分を取り、それを確認してからの作業となります。

「いちいち面倒だなぁ~」と感じていましたが、
習慣とは凄いもので、慣れれば当たり前になり、
毎日作業前には必ず水分を取っています。

それでも気分が悪くなり、僅かなケイレンをおこす人もいます。
その場合はスグに事務所に行き、仮眠室で休憩します。
大手ゼネコン様ではこういうケースに備えて
仮眠室や氷を常備して対応にあたっているそうです。

 

2015年5/30追記

最新版の熱中症予防について
まとめ記事を掲載しました。

参考記事⇒建設業の熱中症予防!夏の工事現場での対策は?

追記ここまで

 

簡単に書きましたが、こんな基本的な事で防ぐしかありません!!!

熱中症は発症する前に、未然に防げるのです!!

発症してからでは手遅れになるケースも多いですからね。

 

未然に防ぎ、健康で楽しい夏を過ごしましょう! (´∀`●)

 

 

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうございます!

コメントを残す