熱中症予防に良い食材とは?食事で予防できます!

夏の危険 熱中症は食事から予防しましょう!

 

暑い日が続くと、ついつい水分ばかり多く取りがちになります。

暑さで体力が奪われ、食べ物が進まない時もありますね。

現役現場作業員の管理人も、夏場はおかわりが減ります。 (´д`ι)

 

熱中症予防に失敗した様子

 

 

熱中症対策といえば、「水分+塩分」はご存知の方も多いハズ!?

しかし、熱中症にならない体を作るのも予防策として大切なことです。

ここで今回は、熱中症予防として食事(食べ物)について考えます。

SPONSORED LINK



 

 

熱中症予防に良い食べ物とは?

 

熱中症を予防するために大切な3要素とは?

  • カリウム
  • ビタミンB1
  • クエン酸

上記の3種類の栄養素が必要とされています。

では、これらをどう食べ物・食事につなげるのでしょうか?

食材や料理名で具体的に説明します。

 

 

熱中症予防にはカリウムを!

 

人間は大量の汗をかくと、体の水分と同時に塩分を失います。

その失われた塩分と共に、細胞内のカリウムも失われます。

 

細胞内のカリウムが不足すると、細胞内で脱水症状がおこるのです!

 

  細胞内脱水症状の危険なポイント

  • 熱中症を発症したら重篤化しやすい

予防する為にも日常的にカリウムを取りましょう!

 

カリウムを含む食材とは?

  • バナナ
  • ジャガイモ
  • 落花生
  • そら豆
  • インゲン豆
  • 小豆
  • ホウレンソウ
  • さといも

他にも「海苔」や「パセリ」など

バナナを朝食に食べるのも良いですね!

ジャガイモはどんな料理にも使えますね。

 

例えば「肉じゃが」や「ポテトサラダ」に「じゃがバター」

 

熱中症対策や予防に良いジャガイモ

 

摂取しやすい調理法で、普段からカリウムを取るように心がけましょう。

SPONSORED LINK



熱中症予防にはビタミンB1を取ろう!

 

ビタミンB1を不足すると、疲れやすくなります。

「ダルさ」に「手足のむくみ」、それから「しびれ」や「こむら返り」

また食欲不振にもなります。

 

意識的にビタミン不足がダメな事は判っていますが

熱中症に繋がるとなると、積極的に取り入れたいですね。

 

ビタミンB1を含む食材とは?

  • 焼き豚
  • ハム
  • 豚肉
  • うなぎ
  • 海苔
  • グリーンピース

ビタミンB1を多く含む食材の代表選手です。

 

いずれも調理しやすい食材が多いですね。

※豚肉はヒレ・肩ロース・ロース・モモ肉など

 

「うな重」や「焼き豚」も美味しいです。

「豚肉の生姜焼き」も定番ですね。

「ポテトサラダ」にハムを添えてはいかがでしょうか?

いずれも調理しやすい食材ですね。

 

ビタミンB1は不足すると、乳酸など体の「疲労物質」が溜まりやすくなります。

すると、疲れやすくなり体力の回復を鈍らせることになります。

熱中症を予防する為にも積極的に取り入れましょう!

 

 

熱中症予防にクエン酸とは?

 

酸味の主要成分となるクエン酸

クエン酸の働きとしては疲労の原因となる、「乳酸」を抑える働きがあります。

「乳酸」を抑える働きがあるので、ビタミンB1と同じく疲労回復にも効果があります。

 

 

クエン酸を含む食材とは?

  • 黒酢
  • もろみ酢
  • レモン
  • 梅干し
  • オレンジ
  • グレープフルーツ

これらの食材に含まれる酸味成分は、疲労回復にとても効果があります。

レモンなどの酸味は食欲を回復する働きもありますので、夏には必ず取りたいですね。

またクエン酸には疲労回復だけではなく、老化防止の効果も確認されていまして、

カリウム・ビタミンB1と一緒に取ると効果倍増ですね! (*´∀`)

 

夏の炎天下での作業は、本当に体力が奪われます。

注意しているつもりでも、知らず知らずのうちに熱中症はやってきます。

水分補給や塩分補給は当然のことですが、食事を見直す事で

未然に強い身体つくりを心掛けましょうね。

 

参考になれば嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうございます!

コメントを残す