ヒートショックとは?効果的な入浴法は?対策と予防法はコレ!

夏にくらべて、冬場は約10倍

これは、「ヒートショック」による
年間の死亡者数です。

しかも、ヒートショックによる
死亡者の大半が高齢のお年寄りの方なんです。

「熱い風呂が大好きや!」

「一番風呂じゃなきゃダメ!」

こんな風に考えている人は要注意です!

SPONSORED LINK



重篤な病気や最悪「死」につながる
ヒートショックについて正しく理解し、
いつまでも健康でいる為に、
わかりやすく、丁寧にまとめました!

ヒートショックを回避する為に・・・

    • ヒートショックの原因とは?
    • 家の中で気を付ける場所は?
    • どういう病気になるか?
    • ヒートショックになりやすい人は?
    • 効果的な入浴対策&予防法
    • ワンポイントまとめ

 

 

ヒートショックの原因とは?

 

ヒートショックとは急な温度差により、
血圧が急激に上がったり、下がったりして
体が変調をおこし、悪影響を受けることです。

原因として多いのが、冬の入浴時冬の風呂場の温度差

 

暖かい部屋から、寒い風呂場に行き、
急に暖かい風呂へ入ることで
血圧が急激に上昇・下降をおこします。

温度差=血圧の急激な変化

 

それがヒートショック現象なんですね。

詳しく説明しますと、
暖かい部屋から寒い脱衣所に移動すると
体の表面温度が、急激に約10℃ほど下がります。

すると、血圧は急激に上昇し、高血圧状態へ

 

その後、熱いお風呂へ浸かると
今度は逆に血管が拡がり、
急激に血圧が低下し、
低血圧状態へと変化するのです!

 

その結果様々な病気を急に引き起こし、
風呂場で倒れたり、おぼれたり、
最悪「死」に繋がってしまうケースも!?

危険な場所は、風呂場だけではありません!

 

家の中で気を付ける場所は?

 

風呂場の危険性は上述しましたが、
じつは、家の中には風呂場以外にも
危険な場所が存在します。

  •  トイレ
  • キッチン
  • 洗面所
  • 風呂場

 

リビングなどに比べて、
温度差のある場所が危険なのですが
特に注意が必要なのはトイレです。

トイレが危険な理由は?

トイレも風呂場と同じく、温度差が激しい場所です。

暖かい部屋から、寒い廊下を歩き
寒いトイレに入ります。

その時、私たちの体は急激な冷えにより
血圧は急上昇しています。

そんな血圧が上がった状態で
トイレでいきむと、さらに血圧は上昇し
脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすケースもあります!

ここで、脳梗塞や心筋梗塞などの
病例が出てきましたが、
いったいどんな病気や症例があるのでしょうか?

SPONSORED LINK



どういう病気になるのか?

ヒートショック現象によって
引き起こされる病気や事故
または死因をまとめました。

  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 脳内出血など

その他の事故では
血圧低下にともない、意識が無くなり
浴槽内で溺死するケースや、

風呂場やトイレなどで立ちあがった時に
ふらつき、転倒し、頭部を損傷して
亡くなるケースも報告されています。

血圧の急激な変化は、私たちの体に
様々な異変を引き起こすのです!

 

ヒートショックになりやすい人は?

年間約1万人以上の人が、亡くなると
推測されている、ヒートショック

どういう人が危険なのでしょうか?
特に注意が必要な人をまとめました。

 

    健康状態に不安がある人

  • 肥満症
  • 糖尿病
  • メタボリックシンドローム
  • 高血圧
  • 狭心症
  • 動脈硬化(心筋梗塞や脳梗塞など)
  • 不整脈が心配な人
  • 60歳以上の人
生活習慣で注意が必要な人は?

  • 一番風呂が好きな人
  • 41℃以上の熱いお湯に浸かる人
  • 飲酒後に入浴する人
  • 薬を飲用後に入浴する人

 

生活習慣にも気をつけておきたいとこです。

血圧の変化=危険

特に60歳以上の人は、日頃から
体調管理を徹底し、注意する必要があります。

高齢の方は「体温を保つ働き」が弱くなっているので、
日々の体調管理はしっかりしておきましょう!

 

効果的な入浴対策&予防法

 

下記に効果的な入浴対策&予防法を詳しくまとめました!

ぜひ、参考にして下さい!

  • 60歳以上の方や、高血圧の人は
    一番風呂は避ける。
    もしくは、日中の温度差の少ない時間帯に入る
  • 食後スグは血圧が下がる傾向にある為、
    入浴時間を遅らせる。(1時間後~)
  • お湯を体にかける時は、
    心臓から遠い場所からかける。
    (腕や足から)
  • 脱衣室に暖房を準備する。
  • 風呂を沸かす時にフタをしない。
    (浴室内を暖める効果がある。)
  • シャワーを2分ほど流しておく。
    (浴室内を暖める為。)
  • イスにすわり、シャワーを浴びる。
    (転倒防止の効果。)
  • トイレも暖房を用意する。
  • 家の断熱工事をする。
    (すき間を防ぐ事で、断熱効果を上げる。)

効果的な予防法は、温度差をいかに無くすか?

これしかありません!

断熱工事等は費用が掛かりますが、
お風呂の入り方は、スグにでも出来て
効果も絶大です!

まとめ

ヒートショックによる
年間死亡者数が約1万、-

これは最近報告された数字ですが、
なかには病死報告されたケースも多いので
実際には、もっと多くのかたが、
亡くなられていると予想されます。

体調管理はもちろんですが、
自分の持病を知り、リスクを回避する事で
ヒートショックは防げると感じました。

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうございます!

コメントを残す