会社を辞める!退職願と退職届の違いとは?書き方と例文まで解説!

退職願を提出したけど、
退職届と何が違うのかなぁ・・・」

「間違った書面を出して、後でトラブルとか大丈夫?」

「できれば遺恨を残すことなく
スムーズに退職したいんだけど・・・」

 

勤めていた会社を辞める理由は、人それぞれですが
なるべくなら、スムーズに退職したいと思いますよね?

 

会社を辞めることを伝えるのは、
ものすごく勇気がいることだと、私は思います。

 

じっさい、私も何度か退職&転職を経験してきていますが
最初に辞める旨を伝えるときは、緊張で
噛みまくってました(笑)

 

なかには「会社を辞める!」と、口頭で報告するだけで
すんなりと、退職出来た場合もあるのですが、
退職願の提出を求められたケースもあります。

 

そこで、「退職願」を提出したのですが
なかなか、退職させてもらえなかったのですね。

次の転職も決まっていたので、たいへん焦ったのを覚えています。

 

そこで「何か間違っていたのかな?」
と思い、調べてみたのです。

 

すると、退職願と退職届では違いがあったのです!!!

 

そこで今回は、会社を辞めようと考えている人
スムーズに、遺恨なく会社を辞めることが出来るように
退職願と退職届の違いと、書き方や例文について
わかりやすく、お伝えします。

 

次の職場で、心機一転さい先良く頑張る為にも
今の会社を、良い形で退職したいですからね~(๑¯◡¯๑)

 

まずは、退職願と退職届の違いから
法的な内容も含めて、解説していきます。

SPONSORED LINK



 

退職願と退職届の違いとは?

基本的に、退職願退職届も、会社に対して
退職する意思を伝える・申し出るという意味では
同じ内容の書類となります。

 

ですが、では明確に違うところがあります!

  • 退職願の場合は、労働契約の合意解約の申込ですので、
    会社が受理しない限り成立しない。
  • 退職届の場合は、明確な退職意思(辞職意思)を表示すれば、
    2週間後に任意退職となり、退職できる。

上記の違いをわかりやすく、説明してみますと
「退職届(任意退職)」「退職願(合意解約)」と違い、
事業主の承諾を必要とはしませんので、
2週間後には、必ず退職出来るということです。

 

また、大きな違いとしましては、

  • 退職願  会社に承諾してもらえるまでは撤回出来る!
  • 退職届  一度提出すると撤回出来ない!

以上のような違いがあります。

 

ですので、明確に退職の意思を示す場合には
退職願ではなく、退職届を提出するほうが
良いんですね。

 

「だったら、上司に出せば2週間後に退職出来るのか!」

 

こう思われるかもですが、
出せば受理されるわけでもないんですよヾ(;´▽`A“

じつは、ここでも注意するポイントがあるのです!

 

   退職届を提出する際の注意点は?

自分の直属の上司に提出しただけでは、
退職届の効力はありません!

 

あくまでも、会社の人事権を持つ方
退職届が届いてからの話なんです!

 

直属の上司が、経営者や人事権を持つ方の場合は
その方へ直接手渡せば、問題ありません。

 

ここで、一度まとめますと、

  • 退職届を提出したからといって
    2週間後に退職出来るとは、限らない。
  • あくまでも、会社内で人事権を持つ
    経営者か人事部に退職届が届いてから
    2週間後に退職の効力が発生する!
  • 退職願退職届では効力(強制力)が違う!

という事になるのです。

私の場合は、退職願を提出したので
なかなか退職することが出来ずに、焦ったのですが
あなたが、スグにでも退職をしたいなら
退職届を、人事部に提出すれば良いのですね。

 

ですが、心配になる気持ちもありますよね?

「退職届を出せば、会社の承認がいらないというのも
変な話だなぁ・・・?」

 

ここで、民法上では問題がないのか?と
疑問に思う場合もありますので、
参考になる動画をみつけておきました。

 

気になる場合は参考にして下さい。

動画内で、民法の話が出てきましたが
そこで該当する民法を記載しておきます。

民法627条
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。  参照元WIKIBOOKS

 

民法で定められているので、退職届が
人事権を持つ方へ届けば、退職は可能という事が
わかりますので、安心ですね(๑¯◡¯๑)

 

ですが、民法627条にも記載してありますが
「雇用の期間を定めなかったとき・・・」
と、あります。

 

これは、一般の就職で会社に入社した
正社員の方のケースなんですね。

 

それとは別に、例えば、自動車メーカーなどで
よく募集されている、期間を定めた雇用契約の場合。

 

契約社員期間従業員と呼ばれる人の場合ですが、
そういう方の場合は、退職届を提出しても
民法627条が適用されないケースがあるのです!!!

 

しかも!最悪の場合は、退職を申し出ることによって
損害賠償を請求されるケースも!?

 

SPONSORED LINK



 

  期間従業員などの場合は?

 

会社との契約内容にもよりますが、
あらかじめ雇用契約書等に、
「中途退職が出来る」という、内容の記載が無い場合は
基本的に退職を申し出ることが出来ません!

 

ですので、どうしても退職したい場合は
退職の意思を申し出て、会社側に承諾してもらわないと、
退職出来ないのです。

 

しかも!民法628条には、こう記載されています!!

民法628条

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。   参照元WIKIBOOKS

 

以上の記載内容をみると、最悪の場合には
会社から損害賠償を請求される可能性もあるのです!

 

ですので、退職するにしても
十分に契約内容を確認してから
行動を起こす必要があるのですね。

 

しかし、実際のところは、損害賠償まで請求されるケースは
ほとんど無いみたいですので、会社に迷惑をかけないように
退職の話を進める方が、良いですよ(๑¯◡¯๑)

 

それは、期間従業員の方だけではなくて
正社員の方でも同じだと、私は思います。

 

いろいろな理由があって、退職を決意されたと思いますが
「飛ぶ鳥跡を濁さず」で、出来るだけスムーズに
遺恨なく、退職したいものです。

 

その為には、

  • 仕事の引継ぎをしっかり行う!
  • 早めに退職の意思を申し出る!
  • 直属の上司には事前に相談する!
  • 先輩や部下にも退職する旨を伝えておく!

以上のことが、大切だと思います。

いくら、2週間で退職出来るからって
ギリギリ2週間前に、退職届を提出するのは
私の考えではどうかと思いますヾ(;´▽`A“

 

社会人としての、マナーでもあると思うのですね。
ですので、最低でも1ヶ月前、もしくは2ヶ月前には
退職の意思を伝えておくのが良いと思います^^

 

それでは次に、退職願と退職届の書き方について
例文を交えながらお伝えしていきます。

スポンサーリンク




退職願と退職届の書き方とは?

退職願と退職届の書き方ですが、基本的には
ほぼ同じ内容となります。

ここで、書き方の例文を載せておきますので
参考にして下さいね!

一般的な退職願と退職届の例文です。

退職願と退職届の書き方の例文

 

 

一般的な書き方は、ほとんど同じですが
会社の規定により、書き方が決まっている場合や
専用の用紙がある場合もあります!

 

ですので、書き方についても
確認をしておくのが良いですね。

 

それでは、書き方についての
注意点をお伝えします。

  • 冒頭には必ず「退職願」もしくは「退職届」と書く事!
  • 次の行には「私議」もしくは「私事」と書く事!
  • 退職理由は「一身上の都合」と書く事!(余計な事は書かない)
  • 退職希望日時を忘れずに書く!
  • 提出する日を書く!
  • 所属する部署名や捺印を忘れない事!
  • 宛名は必ず経営者の名前を書く!(上司の名前はNG!)
  • 手書きで書く事!

最近は雛形が、ネットでダウンロード出来たりするのですが
マナーというか、礼儀として手書きをおススメします!

 

最後に

いかがでしたか?

今回は、退職願と退職届の違いについて
いろいろと書きました^^

 

じっさい、何度か私も退職届や退職願を提出してきましたが
本当に緊張して、前の日は寝られませんでしたヾ(;´▽`A“

 

ですが、上司に相談してきちんと手順をふんで
退職の話を進めると、最後にはスムーズに
退職することが出来ました(๑¯◡¯๑)

 

社会人として、最低限のマナー礼儀を守り
そして、退職することで、次のステージでも
きっと、今より良い未来が待っていますよ!

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうございます!

コメントを残す