衣替えの時期はいつ?ベストなタイミングとコツを伝授します!

衣替えの時期って、いつ頃なのかご存知ですか?

「特に決まりはない!」

「衣替えは・・・しない!」

 

最近は、こういう方も多いそうですが
そもそも、どうして「衣替え」をするかというと

 

  1. 季節ごとに、衣類を整理することで・・・
  2. 衣類の出し入れがしやすくなり・・・
  3. ストレスなしで、オシャレが出来る!

 

こんな感じでしょうか。

そして、衣替えをすることによって
普段気付かない、衣類の傷みも発見できて
なおかつ、整理できる綺麗好きな奥さんだと思われます(笑)

 

まさしく、一石二鳥ですよね~(๑¯◡¯๑)

 

ですが、衣替えをするタイミングというか
最適な時期って、分かりづらくないですか?

 

我が家では、一度整理した服を
再度、引っ張り出すなんてこともありました(苦笑)

 

そこで今回は、専門家の意見を参考に・・・

  • 衣替えの最適でベストな時期とは?
  • 知っておきたい衣替えのコツ

などについて、お伝えしたいと思います。

 

自分で判断できる基準がわかれば
段取り良く、衣替えも進みますし
チョットしたコツを知ることで、
再度、引っ張り出すこともなくなります!

 

まずは、衣替えのベストな時期について
お伝えしていきますねヽ(・∀・)ノ

 

SPONSORED LINK



 

衣替えに最適な時期とは?

 

まずは、一般的な時期 としまして
よく参考にされているのが
官公庁・企業学校での、衣替えの時期なのですが
そちらを確認してみますと・・・

 

  • 6月1日
  • 10月1日

 

上記の日程を基準に、春や秋の
衣替えの時期とされていますが
前後約2週間ほどの、準備期間があります。

 

これは、あくまでも、制服の衣替えの時期なのですが
この具体的な日程はなんと!
明治時代から、制定されているのですΣ(゚口゚;

 

  衣替えの歴史?

衣替えの歴史は、かなり古く、その起源は
平安時代の、宮中行事だったと言われています!

その後、江戸時代には、武家を中心に年4回の衣替え
制度化されたそうでして、そのころから庶民にも
衣替えが広くひろまったのです!

そして、明治時代には年2回という
現在のスタイルになったのですね~。

 

ザックリとした説明ですが(苦笑)
とにかく、衣替えは、わたしたち日本人には
古くから馴染みのある行事だったといえますね(๑¯◡¯๑)

 

そこで、話を、最適でベストな時期について戻しますが
明治時代に決められた日程や時期
現在のわたしたちに、あっているのかどうかが問題です。

 

と言いますのも、冬の服を6月まで来ている人っていますか?

夏のTシャツ短パンスタイルで、10月まで過ごしている人って
街で見かけますか?

 

あくまでも、制服の衣替えの時期
6月や10月であって、普段着は違いますよね。

 

そこで、何を基準に時期を判断するかというと
専門家曰く、最高気温を目安にすると良いそうです!

 

まずは、気温別に、服装選びの基準を記載しておきます。

  • 15°以下      冬物
  • 15°~20°まで  春物・秋物
  • 20°~22°まで  春物・秋物・夏物
  • 22°以上      夏物

専門家による判断基準なのですが、
ここで、昨年のデータを参考に
じっさいに確認してみます。

 

まずは、3月の最高気温を表したグラフです。

衣替えの時期にベストな時期を確認するためのグラフ

グラフを確認しますと、12日から最高気温が高くなっていますが
15日に一度下がり、20日にもう一度下がっていることが
わかりますよね?

 

2度ほど、気温が上がっては急激に下がるのが確認できます。
その後は、上昇傾向になっていますね。

 

続いては、10月の最高気温を見ていきましょう。

衣替えの時期を知るためのグラフ

12日に一度気温が下がり、15日にまた下がっていますね。

先程の3月のグラフでもそうですが
どちらも、2度急激に気温が変化しています。

 

10月の場合は、23日にも急激に下がっていますが
どちらも言えることは、2度ほど急激な温度差がおきた後は、
気温が一定方向に向かうと考えられます。

 

ですので、2度ほど急激な気温の変化があった後なら
衣替えの時期としましては、ベストなタイミングだと思います!

 

ただ、季節ごとに、4回も衣替えをする人が
はたして、いるのかどうかは別ですが(苦笑)
今回は、衣替えをするコツを徹底リサーチしましたので
そちらも、あわせて紹介していきますねヽ(・∀・)ノ

SPONSORED LINK



知っておきたい衣替えのコツ!

 

古い服を処分する!

こちらは、聞いたことがあると思いますが(笑)
例えば、3年以上袖を通していない服は捨てる
もしくは、古着屋などで売却する!

 

という感じですね!

 

何も、断捨離しよう!とまでは言いません。

※断捨離とは、物への執着をなくすのがコンセプトです。

 

ですが、いつまでもタンスの奥に眠っている
洋服のせいで、衣替えが効率悪くなってはいませんか?

 

衣替えというよりも、整理整頓、片付けの基本
捨てることからだと、ある本で読んだ記憶があります。

 

 クリーニングに出してから収納する!

よく、勘違いしている方がいるのですが
着る前に、クリーニングするのではなくて
着た後に、クリーニングしておきます。

 

と言いますのも、着用後のシミなどは
長期間、そのままにしておくと
頑固なシミとなり、取れない可能性もあります!

 

ですので、衣替えで収納する前に
クリーニングに出してから、収納しましょう!

 

また、クリーニングに出さない衣類の場合は
2度洗いをオススメする専門家もいます。

 

いずれにしても、綺麗な状態
次の季節まで、収納しておくということですね!

 

 キッチリと分ける!

よく、ありがちなのが
一度収納したけど、再度引っ張り出す
という場合なのですが、意外にありがちですよね。

 

ですので、初めから引っ張り出すのを
想定して、分けておくと言うことです!

 

冬物を収納する際でも、絶対に出さない物は
出さないものでまとめておいて、春・冬兼用
着用する衣類というジャンル分けをしておくと
大変便利なのです!

 

ですが、じっさいは出来ていない人が多いみたいで
後から出すのが面倒だったり、どこに収納したか
分からなかったりして、困ることになっているそうです(苦笑)

 

春物・秋物・夏物・冬物 兼用物

こういう風に、分けて収納するのが
専門家のコツだそうです!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、衣替えのベストな時期を知ってもらうべく
専門家の意見を交えながら、書いていきました。

 

しかし、衣替えって大変ですし
面倒ですよね~ヾ(;´▽`A“

 

ですが、キッチリと衣替えをすることで
タンスやクローゼットも綺麗に整理して
使えますし、何より、ストレスなし
服が探せるようになります(笑)

 

最近は、衣替えをしない人が多いそうですが
限られた空間を有効に使うためにも
頑張って行動してみてください!

 

次回の記事では、衣替えを楽しく出来るように
チョットした裏ワザなどを紹介したいと思います^^

 

ぜひ、参考にしてください!

 

最後までありがとうございました。

 

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうございます!

注目のまとめ記事はこちら(´∀`●)

高校生
学校や親が取り組むいじめ対策のまとめ記事

コメントを残す