補聴器の選び方!種類別のメリットとデメリットとは?

「最近、耳が聞こえにくいなぁ~」

「テレビの音がうるさいと言われる・・・」

 

自分では気づかないうちに、耳が聞こえにくくなっていませんか?

 

例えば・・・

  • 周りの人に「声が大きい!」といわれる
  • 知らぬ間に、テレビの音が大きくなっていた!
  • 呼ばれても気づかない時がある

などなど、このような症状なんですが
自分では、まったく気づかないことが
多いのですね。

 

じつは、管理人の母親も少し合わないあいだに
耳の聞こえが悪くなっていたみたいでして
ビックリしたんですヾ(;´▽`A“

 

と言いますのも、ある日、実家へ帰ったら
テレビからビックリするほどの大音量が(;゚Д゚)

 

あまりの音の大きさに、音を下げると
母親が、えっ!これが普通なの?
と自分でも、驚いていました!

 

さらに、詳しく近況を聞いていくと
最近では、友人との会話が聞こえにくかったり
後ろから声を掛けられても、気づかないことも
あったそうでして・・・

 

そこで、これでは母親が可哀想だと思いまして
補聴器」の購入を検討したのですが
調べると、まぁ、いろいろありますね~(苦笑)

 

何より思ったのが、
「補聴器ってお高いなぁ・・・」ってことです(苦笑)

 

ですので、
補聴器の選び方を、絶対に失敗してはいけない!
そう思いまして、母親想いの管理人は
徹底的に補聴器について調べたんです(๑¯◡¯๑)

 

すると、絶対に知っておきたいポイントや
購入する際のコツが、掴めたんですよ!

 

そこで今回は、これから補聴器の購入を
考えている方へ、補聴器を選ぶにあたって
知っておきたい、メリットデメリット
補聴器の種類別にご紹介します!

 

これから、補聴器を購入しようと考えている方は
必見ですよ!

 

最後には、嬉しいサービスの情報
お伝えしますね~ヽ(・∀・)ノ

SPONSORED LINK



 

補聴器の選び方!種類別のポイントと選ぶコツは?

 

管理人が、調べ上げたなかで
おさえておきたいコツというか
ポイントが、少なくとも3つはあるんですね。

 

その3つのポイントというのが

  • 補聴器の種類
  • 口コミによる評価
  • 補聴器の効果とは?

などなどですが、簡単にいいますと

  • ちゃんと聞こえるか?
  • 自分の耳にフィットするか?

ようは、ここが肝心なんですね。

 

調べる前は、「スグに良い商品が見つかるでしょ!」
なんて思っていましたが、調べるにつれて
補聴器選びは侮ってはいけないと思いました(苦笑)

 

ですが、3つのポイントを知っておくと
補聴器選びで迷うことも、失敗することもないんです!

 

スム~ズに補聴器を選ぶことができます。

 

そこで、今回は始めに知っておきたい
補聴器の種類について
わかりやすく説明していきます。

 

それでは、順番に解説していきますね^^

 

補聴器の種類とメリットとデメリットとは?

じっさいに、購入を検討するにあたり
補聴器にも、種類があるとは
管理人は知りませんでした。

 

その種類なんですが、一般的に
大きく分けて、以下の3種類になります。
※特殊な補聴器は省きます。

 

  • 耳あな型補聴器
  • 耳かけ型補聴器
  • 箱型(ポケット型)補聴器

 

それでは順番に、各補聴器の違い
メリットとデメリットについて紹介します。

 

耳あな型補聴器

耳のあなに差し込んで使用するタイプの補聴器です。

特徴としましては、オーダーメイドで
自分の耳の形にあわせて、ピッタリの
補聴器を作ることができます。

補聴器の選び方の参考画像

 

もちろん、簡易な既製品もありますが
その場合は、耳にフィットするかどうか
よく確かめなければなりません!

 

また、この耳あな型補聴器には
大きくわけて、3種類あります。

耳あな型補聴器の種類

      ※画像引用元 L.S.B.information

わかりやすく、3つのタイプを説明します。

  • IIC/CIC/ミニカナルタイプ

超小型の小さいタイプで、補聴器独特の特徴といえる
風切り音が少ない!
(まったく影響がないとはいえませんが・・・)

とにかく、補聴器を目立たなくしたい人には人気です。

 

  • カナルタイプ

使いやすい大きさの小型タイプでして
安定した装用感が特徴です。

耳あな型補聴器では、利用者が多いそうです。
(販売店さん曰く)

 

  • フルシェルタイプ

とくに、高度な難聴の人が使用されています。

耳のあな付近を全体に覆うので
他のタイプに比べると、目立つのが特徴です。

 

大きさがある分、高出力でパワーがあります。

 

あまり、補聴器が目立つのが嫌な人には
この、「耳あな型補聴器」はおすすめですね♪

 

3つのタイプがあるので、選ぶ範囲も増えますが
納得するものを選ぶには、
メリットとデメリットを知っておくのも大切です。

 

次に、肝心のメリットとデメリットについて
わかりやすく説明していきますね!

 

耳あな型補聴器のメリット

  • 耳のなかで収まるので、目立ちにくい
  • 最も自然な聞こえ方が出来る
  • 壊れにくい

などがあげられます。

この耳あな型補聴器は、音をひろうマイクが
耳のなかになりますので、最も自然な感じで
音が聞こえるのですね。

 

他のタイプは、耳のあなの中で
音をひろうタイプではありませんので
少し、不自然といえば、不自然な印象を受けました。

 

なので、この「耳あな型補聴器」は
他の種類に比べて、壊れにくく
そして、目立ちにくいのが
最大のメリットではないでしょうか。

 

ですが、この「耳あな型補聴器」にも
デメリットがあるのです。

 

耳あな型補聴器のデメリット

  • 使える人が限られている
  • 自分の声が響きやすい
  • 小さいので紛失しやすい
  • 高額な物が多い

などがありまして、必ずしも
良い事ばかりではないんですね。

 

まず、この「耳あな型補聴器」を避けた方がいい人

  • 中耳炎などで、耳垂れが出る人
  • 耳のあなが、小さい人
  • 耳垢がよく出る人
  • ほこりっぽい場所で過ごす人

などです。

 

と言いますのも、耳あな補聴器は
耳のあなの中で、収まってしまうタイプですので
その小さな物に、全てが詰まっています。

 

ですので、ほこりや耳垢が原因で
故障するケースや、耳垂れによる
詰まりで故障するケースがあるんですね~。

 

また、耳にフィットしているので
自分の声が響いてしまうのが
少し残念なポイントなんですが
使用するあいだに、自然に慣れてくるそうです。

 

そして、特に注意が必要なポイントは
本体が小さいので、紛失しやすいところです!

 

例えば、補聴器をつけたまま寝てしまった場合に
就寝中に外れて、布団に紛れている場合や
外で、顔を洗う時に、置き忘れたりなどです。

 

小さいので、何かの拍子に
転げ落ちてしまうかもしれません(;゚Д゚)

 

基本的に、このタイプの補聴器は
オーダーメイドで作る人が多いのです。

耳の型をとって、自分の耳にフィットするものを
ほとんどの人が作られます。

 

なので、高額なものが多いのです(苦笑)

 

紛失はもちろん、故障にも
十分な注意が必要なんですよヾ(;´▽`A“

 

平均価格帯

98,000~458,000円  

※片耳 非課税

 

少しクドクなりますが(苦笑)
くれぐれも、紛失には注意が必要です。

 

耳かけ型補聴器

耳にかけて使用するタイプの補聴器です。耳にかけるタイプの耳かけ型補聴器

 

このタイプのみが補聴器だと
管理人は思っていました(苦笑)

 

じっさい、管理人の周りの人は
このタイプの補聴器を使用されています。

 

耳かけ型補聴器の使い方なんですが
耳の裏側に本体が付いていまして
この本体で各調節が行えます。

 

耳かけ型補聴器のメリット

  • 対応する聴力が幅広い
  • 使い心地が良い

このようなメリットがあげられます♪

 

軽度の難聴の人から、高度な難聴の人まで
幅広く使えるのが、一般的と言えるところです。

 

また、耳にフィットさせて使うタイプではないので
自分の声による響きも軽減されます。

 

最近では、デコ補聴器もあるそうでして
すっごく可愛いデザインで人気だそうです。
それは、この「耳かけ型補聴器」に多いのですよ!

 

そういった見た目からも、若い人、とくに女性にも
使いやすくなっているのでしょうね(๑¯◡¯๑)

 

ですが、こんな一般的ともいえる補聴器にも
残念なポイントがあるんです。

 

耳かけ型補聴器のデメリット

  • 壊れやすい
  • 若干目立つ

致命的なデメリットかもですがヾ(;´▽`A“
このタイプは、本当に壊れやすいと言われています。

 

どうして、壊れやすいかと言うと
耳の裏側に本体を装着するので
汗による故障が多いのです!

 

じつは、耳の裏側は、汗の通り道でして
補聴器本体が、濡れてしまうのですね(;゚Д゚)

 

補聴器は、精密機器ですので
水濡れなどは厳禁なんですよ!

 

そう考えると、高額な物なんで
躊躇してしまいますよね?

 

ですが、最近では「防水型」「防塵型」などの
補聴器も登場したそうでして
故障のリスクも軽減されてきています。

 

また、最新のタイプでは
レシーバー分離型耳かけ型補聴器
という補聴器も登場しまして、耳かけ型の
デメリットでもある、大きさを軽減することに成功しています!

 

   レシーバー分離型耳かけ型補聴器とは?

従来の耳かけ型補聴器は、本体にレシーバー(音が出るところ)
がありましたが、分離することで
「耳あな型補聴器」のように、耳のなかに入れます。

 

分離することのメリットとしましては

  • ハウリング(音漏れ)が軽減される
  • 耳栓の選択が増えるので、軽度の難聴~高度な難聴の人まで使える
  • 耳のなかで音が出せるので、音量感が増す
  • 分離することで本体が小型化できる

などのメリットがあります(๑¯◡¯๑)

 

補聴器につきものである、ハウリングに関しては
本体と、わずかではありますが、距離ができるので
軽減されるのですね~♪

 

また、「耳あな型補聴器の良いところ」と
耳かけ型補聴器の良いところ」を備えたのも
分離型の特徴です。

 

肝心のデメリットとしましては

  • レシーバーに耳垢が溜まりやすい

このようなデメリットがありまして
小まめなメンテナンスが必要になります。

 

平均価格帯

128,000~458,000円※片耳 非課税

高額なお値段も、デメリットかもしれないですね(苦笑)

 

簡単にまとめますと、オシャレに使いたい人には
この「耳かけ型補聴器」は、欠かせないのではないでしょうか?

 

性能も素晴らしいとは思いますが
デザインやオシャレを重視した商品が
多いなぁと感じました。

 

 

SPONSORED LINK



 

箱型補聴器(ポケット型)補聴器

 

箱型補聴器のイメージとしましては
携帯用のラジオを、イヤホンで聞いているような
感じでしょう。箱型(ポケット型補聴器)補聴器     ※画像引用元 L.S.B.information

 

通勤や通学途中に、イヤホンを
付けている人がいますが
見た目はそんな感じです(๑¯◡¯๑)

 

そして、この箱型(ポケット型)補聴器は
本体で音をひろい、イヤホンで聞くタイプです。

 

本体は、シャツのポッケトに入れておくか
会話する相手の前に置き、聞きやすくします。

 

最大の特徴としましては、自分で
音量の調節が、簡単にできるところです。

 

自分の手に取って、その場で調節できるので
目が悪い人や、ムツカシイ操作が苦手な人には
ピッタリな補聴器といえます!

 

また、携帯するタイプですので
耳あな型補聴器のように、紛失する恐れも少なく
忘れやすい人には、おすすめかと思います。

 

箱型(ポケット型)補聴器のメリット

  • 操作がしやすい
  • 音をひろうマイクを自在に操れる
  • 他の補聴器に比べて安価である

などの、メリットがあります。

本体を、机の上や、会話相手に向けておけば
聞き取りやすさが増すのも特徴ですね。

 

また、その場で、自分で操作して
聞こえやすく調節できるので
会話中にストレスを感じることも少なくなります。

 

この箱型(ポケット型)補聴器は、年配の方に
人気でして、理由は操作がしやすいところです。

 

逆に、若い人はあまり使用されていないそうです。
(販売店さん曰く)

 

操作が簡単で、扱いやすさは抜群ともいえる
箱型補聴器ですが、デメリットもあります。

 

箱型(ポケット型)補聴器のデメリット

  • 本体から伸びるコードが邪魔になる
  • 収納場所が無い場合は、首からぶら下げることもある
  • ポケットに収納時、服が擦れる音がする

まず、本体から伸びるイヤホンコードですが
音楽を聴く人ならわかるかもですが
引っかかりやすく、スグに外れやすいですよね?

 

それを、終日付けているとなると
何度も外れてしまうこともありますヾ(;´▽`A“

 

また、本体が必要ですので
シャツなどにポケットが無い場合などには
持ち歩くか、首からストラップのようなもので
ぶら下げる必要があります。

 

そして何より、補聴器が目立ちますので
使用される人が少ない印象を受けました。

 

ですが、あまりにも高額なものが多い
補聴器業界において、単3電池で使える
この箱型(ポケット型)補聴器は
とても、安価で、購入しやすいと思います。

 

平均価格帯

38,000~98,000円

※片耳 非課税

この、「箱型(ポケット型)補聴器」を
利用される人には

  • 家でテレビを見るときだけ・・・
  • 会社の会議の時だけ・・・
  • 入院中で動けない時に・・・

このような人が多いそうです。

 

価格が他の補聴器に比べて
安価ですので、非常用に用意する人
いるそうです。
(販売店さん曰く)

 

ですが、いくら安価とはいえ
そこそこお値段もしていると思います。
(管理人だけ?(;゚Д゚))

 

そんな方には、しばらく試聴してから
購入を検討できるサービスがオススメです!!

そこで、紹介するのがこちらです。

補聴器あきらめないで!「みみ太郎」10日間無料貸出し実施中


はじめての補聴器選びは、慎重になって当然ですからね~。

 

管理人の母親も、最初は嫌がっていましたが
一緒に選んでいくうちに、少しずつ前向きになり
最後は、誰よりも熱心に選んでいました(笑)

 

まぁ、お金を払うのは管理人でしたが・・・(苦笑)

 

最後に

いかがでしたか?

今回は、補聴器の選び方としまして
第1弾!種類別のメリットとデメリットについて
管理人なりに紹介しました!

 

じっさい、購入を検討するとなると
いろんな問題もあります!
(管理人はお金でしたが(笑))

 

ですが、耳が聞こえやすくなると
ストレスも軽減されるみたいで、
母親も、毎日、元気で動き回っています(苦笑)

 

それに、自動車事故などのリスクを考えると
耳が聞こえるってことは、ほんとうに
大切だと改めて思いました。

 

次の記事では、上述しました
補聴器選びの3つのポイントの中から
「口コミによる評価!人気ランキング!」について
書いていきますので、ぜひ、参考にしてくださいね♪

 

それでは、最後までありがとうございました~♫

 

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうございます!

コメントを残す