テラス屋根をdiy!初心者必見のポイントを伝授します!

「テラス屋根をdiyして自転車置き場にしよう!」

 

テラス屋根をdiyしたビフォーアフター画像

・・・いきなりですけど(笑)
じつは、我が家には自転車が5台あるんですが
全部錆びてしまっています。

 

原因は、駐輪スペースの
雨対策をせず、庭に雨ざらしで
並べているからなんですね。ヾ(;´▽`A“

 

なので、3年と持たずに
買い替えるハメになるんですよ(苦笑)。

 

そこで、「これではいかん!」
と思いまして、diyで雨対策を行ったんです♪

 

その際に選んだのが
某有名通販サイトなどでも販売されている

  • テラス屋根

だったんですが、
じっさいに商品を手にして
作業を始めると・・・

  1. わりと道具が必要!
  2. 思いのほかムツカシイ
  3. 説明書が不親切!

などなど、慣れていないせいか
すごく手こずりましたヾ(;´▽`A“

 

だって、販売サイトには
「diy初心者OK!」と記載されているんですが
じっさいは・・・(°Д°)?

 

というのも、説明書をサラッと読んで
その通りに作業したんですが
思いもしない失敗をしたんですね。。。

慌ててやり直したのですが
本当に焦りました(苦笑)。

 

それに、作業してわかったのですが
説明書には記載されてない
大切なポイントがあるんですよ!

 

まぁ、そんなコツというか
「押さえておきたいポイント」
失敗から気づいたのですがヾ(;´▽`A“

 

 

それを事前に知っているだけで
失敗をせずに作業もスムーズに進みます(๑¯◡¯๑)

 

また、テラス屋根をdiyして
立派な駐輪スペースが完成すると
愛する家族からも

「お父さん、凄いね♪」

なんて言われたりもします(๑¯◡¯๑)

 

そこで今回は、これから
「テラス屋根をdiyしよう!」という
初心者の方に向けて

  • 必要な道具
  • 注意するポイント
  • 準備する材料
  • 作業の流れ

などについて、肝となる部分
作業したからわかる管理人が
詳しく説明したいと思います!

 

まずは、テラス屋根を設置するにあたり
作業全体の流れ(工程)を
わかりやすく説明しますね♪

 

それではいきましょうヽ(・∀・)ノ

SPONSORED LINK



 

テラス屋根をdiy!作業の流れとは?

今回は、テラス屋根本体を
事前に購入しているという設定でお話しします♪

 

まずは、一連の流れをサクッと見ていきましょう(๑¯◡¯๑)

 テラス屋根の設置工程!

  1. 取り付ける場所を確認する。
    ※サイズに応じたスペースを確保する事!
  2. 垂木受け材を壁に取り付ける。
    水平に取り付けるように注意!
  3. 垂木をぶら下げる。
    ※この際に柱の位置を確認する。
  4. を固定する穴を大き目に掘る!
    地面がコンクリートの場合
    位置を決めて柱の長さをCUTしておく。
  5. 柱を垂木に取り付ける。
  6. 野縁・前枠・外枠を取り付ける。
  7. 波板をはめ込み、最後に柱を固定する。

ザックリですが、流れとしましては
こんな感じです(๑¯◡¯๑)

 

これをプロの業者さんなら、
あっという間に2時間もあれば
完璧に終わらせることでしょう・・・。

 

だけど、素人である管理人は

「あれが必要だ!」

「道具を借りなくちゃ!」

・・・といった感じで
無駄にバタバタしてしまい
6時間も掛かりましたヾ(;´▽`A“

 

まぁ、経験したから言えることなんですが、

  • 準備する物
  • 必要な道具

などを、事前にキッチリ揃えておくと
作業がスムーズに進み、
3~4時間ほどで完成するでしょう・・・(๑¯◡¯๑)

 

もちろん、押さえておきたいポイントもありますが、
まずは事前に準備する物として、
道具材料を記載しておきますねヽ(・∀・)ノ

SPONSORED LINK



テラス屋根をdiy!必要な道具と材料は?

今回はdiy初心者さんに向けて書いていますので、
特別な機材(レーザー墨出し機等)は省き、
最低限必要な物だけを記載しました!

 

 テラス屋根をdiy!必要な道具はコレ!

  • インパクトドライバー(電動ドライバーでもOK!)
    ※プラス・六角ソケットが必要です。
  • 脚立4~6尺程度
  • 水平器
  • スケール
  • 切断機(丸ノコ金属用)
    もしくは金ノコギリ
  • コーキングガン
  • スコップ

以上が最低限必要な道具になります(๑¯◡¯๑)

 

なかでも、インパクトドライバー
もしくは電動ドライバー必須です!

 

というのも、垂木受けを付ける際に
壁に穴をあけたり、6mmほどのネジを
ねじ込んだりと、かなりの力が必要なんですねヾ(;´▽`A“

 

ハッキリ言って
普通のプラスドライバーなどでは
「絶対に無理!」といえます!!!

 

しかし、インパクトドライバーって
結構なお値段になるんですよ(-_-;ウーン

 

・・・ですが、今回を機に
「diyを始めよう!」と、考えている方には
必須の道具となりますので、ぜひ揃えて欲しいです。

 

もちろん、テラス屋根を設置するには
他の道具も必要なんで
必ず用意しておいて下さいね~♪

 

続いては、テラス屋根を組み立てるのに
必要な材料を記載しておきますね。

 

 テラス屋根をdiy!必要な材料はコレ!

  • コーキング(屋外用)
  • セメント
    ※水を加えるだけの物でもOK!

以上の材料は、購入したテラス屋根の備品には
付属されていません!!!

 

特にコーキングは必ず用意してくださいo(-`д´- o)

 

コーキングが必要な理由としましては

  • 壁からの水漏れを防ぐ!
  • 垂木受け材をより密着させる!

という、大切な役割があるからなんですね。

 

じっさいに作業するとわかりますが、
家の壁に穴を開けて固定するので
その穴から水が入る可能性があるんです!

 

もしも、穴から水が入り
壁の中で木材が腐ってきたり
カビが発生したりすると・・・

 

せっかくのdiyも
台無しになりますΣ(T□T)

 

なので、垂木受け材を取り付ける際には
雨水が侵入しないように
コーキングを使う必要があるんですよ。

 

 

特にdiy初心者の方「水漏れ」までは
気が回らないと思うんですね。

 

かなり要注意ポイントなんで
作業する際には気を付けて下さい!

 

また、セメントに関しては
柱を固定するのに使用します。

 

説明書によると、木材を使用して
40cm×40cmの枠を作り
セメントを流し込む・・・

 

などと、プロの職人さん向け
書かれていましたヾ(;´▽`A“

 

・・・しかし!
管理人は、型枠大工でもなければ
その道のプロでもありません(苦笑)。

 

なので、別の方法で柱の固定を行いました!

 

 

管理人が行った柱の固定方法は、

  1. 穴を約50cmの深さまで掘る!
  2. 柱の周りにセメントを20cmほど流し込む!
  3. セメントが乾くのを待つ!
  4. 掘り出した土を埋め戻して固定♪

以上になります(๑¯◡¯๑)

 

 

簡単すぎる方法ですが
しっかりと固定出来れば良いので
全然大丈夫ですよヽ(・∀・)ノ

 

・・・と、ここまでは
必要な道具や材料を紹介しながら
大切なポイントを紹介しました。

 

ここまでのポイントを知るだけでも
作業効率はグンっと上がります👆

 

ですが、スムーズに作業を進めるには
あと少し大切なポイントがあるんですよ!

 

それこそがテラス屋根をdiyするのに
もっとも知っておきたい肝だったりします(๑¯◡¯๑)

 

次の章では経験者だからわかる
「コツ=肝の部分」
さらに詳しく紹介しますね♪

スポンサーリンク




テラス屋根をdiy!失敗しないコツを伝授します!

 

今回、管理人がお伝えしたい
大切なポイントは2つあります!!

 

前章に記載している
「テラス屋根の設置工程」を参考に
読み進めてください。

 

 垂木受け材を壁に取り付ける!

まず、テラス屋根を付ける壁を確認します。

何が重要かというと、
「垂木受け材をしっかりと固定出来るか?」
ということです!!!

初心者がdiyしたテラス屋根
と言いますのも、垂木受け材は
壁に穴をあけてビスで固定するんですね。

 

つまり、壁の内側に木が無いと
ビスが利かないのです!!!

 

ここ重要なので2度言いますね。(笑)

 

「壁の内側に木が無いとビスが利かないんですよ!」

 

じつは、管理人の失敗談なんですが
先走ってしまいまして
確認もせずに壁に穴を開けてしまったんです(苦笑)。

 

そして、勢いのままに
ビスをねじ込んでみると・・・

 

壁の内部が空洞になっていて
スカスカの状態でした(笑)。

 

まったく固定用のビスが利かないんですねヾ(;´▽`A“

 

そして、慌てて「家の設計図」
確認しようと思ったんですが・・・

 

ありませんでしたΣ(T□T)

 

仕方なく、位置を変更して
穴を開け直しましたが
なかなか木を発見できず・・・苦労しました。

 

なので、壁に穴を開ける際には
十分に設計図を確認して
確実にビスが利くように注意して下さいね♪

 

あ、もちろん、失敗した穴は
コーキングで埋めておきました(๑¯◡¯๑)

 

 柱の固定は最後にする!

テラス屋根を頑丈にするために
「柱の固定」というのは
本当に大切なポイントなんです。

 

というのも、テラス屋根は

  • 垂木受け材

この2つで固定するワケなんですね。

 

どちらかが、フラフラと固定されていないと
強風により倒壊する恐れがあります!

 

なので、柱をしっかりと固定するためには

  • 柱を埋める穴の深さ
  • セメントでの固定

などが重要になります。

 

 

ですが、忘れてならないポイントがあるんですよ!

  • 最後に柱を垂直に建てる!

ということです(๑¯◡¯๑)

 

この、「最後に・・・」というところが
すごく大切なポイントで、肝となる部分と言えます!

 

作業していて分かった事なんですが
波板を並べるまでは
屋根本体が固定されないんですよ。

 

というか、フラフラと動いて
形が定まりません・・・(苦笑)。

 

もしも、そんな不安定な状態で
柱を固定してしまうと・・・

  1. 柱が斜めに建ってしまい格好悪い!
  2. 肝心の波板が収まらない!

という大失敗に繋がる恐れがありますΣ(T□T)

 

とくに気を付けたいのが
「波板」が収まらないと
雨対策になりませんよねヾ(;´▽`A“

 

なので、柱の固定を行うのは
最後最後になります(๑¯◡¯๑)

 

ぜひ参考にして頂いて
スムーズに「テラス屋根」をdiyしてくださいね~♪

 

テラス屋根をdiy!まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、管理人のdiyの経験を活かし
「テラス屋根」の取り付けについて
注意するポイントをまとめました。

 

最後にもう一度
注意するポイントをまとめますと・・・

  1. 垂木受け材の固定は確実に!
  2. コーキングは必ず使用すること!
  3. 柱の固定は最後に行う!
  4. 道具や材料の準備も忘れずに(๑¯◡¯๑)

以上になります♪

 

また、今回まとめたポイント以外にも
何か質問がありましたら
コメント欄からご連絡を入れてください(๑¯◡¯๑)

 

ぜひ参考にして頂いて
家族を「アッ」と言わせてくださいね~♫

 

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうございます!

注目のまとめ記事はこちら(´∀`●)

高校生
学校や親が取り組むいじめ対策のまとめ記事

コメントを残す