アイスクリームで癌(がん)になる!?原因は?うわさの真相は?

アイスクリームで癌になる!?

 

なんだか衝撃的なフレーズですが、
「がん専門家」がデータをもとに検証されています。

 

夏場だけでなく、冬場も美味しい
アイスクリーム

みんな大好きアイスクリームが
どうしてがんになるのでしょう?

 

  • アイスクリームと癌(がん)にはどんな関係が?
  • 何がダメなのか?

徹底的にリサーチしました!

 

SPONSORED LINK



 

おそらくこのブログをご覧頂いている方は
不思議でしょうがないでしょう。

 

アイスクリームと癌という見出しが・・・

癌になる可能性があるアイスクリーム

管理人も衝撃を受けたのですが、
癌とアイスクリームには密接な関係があったのです。

 

癌(がん)が好む食事?

 

「癌はぶどう糖を栄養素として
癌細胞は増殖する・・・」

そう語るのは、日本薬科大学学長
丁宗鐵(ていむねてつ)さん。

 

昔は外科医として、実際に癌患者さんの
診察・治療を行ってこられた方です。

 

長年の経験と、実際の現場での観察から
癌患者さんに共通する接点があるそうです。

 

その「ある接点」というのが・・

 

アイスクリームを「食べるか」「食べないか」

信じがたい内容ですが、面白いデータがあります。

 

外科医時代に3時の回診を行うと、不思議な事に気付いたそうです。

 

癌患者さんの病棟では
アイスクリームを食べる人が

非常に多かったそうです。

 

しかも毎日必ず食べる人が多かったそうです。

 

こればかりは実際の病棟を見ない事には
一般の元気な人に真偽は判らないですが、
第一線で活躍された専門家である先生の
経験では間違いなく多かったそうです。

 

先生曰く
「人間の体は体内で環境が変わると、急に
違う嗜好に変化する場合がある。」

「妊婦さんがつわりで酸っぱい物を好む様に
癌患者さんはアイスクリームを好んでいました。」

こう語っておられます。

 

また、アイスクリームを食べていた人は
退院後に再発するケースが多かったそうで、
逆にアイスクリームを食べていなかった人は
再発しなかったそうです。

 

※あくまでも今までのデータは先生独自のものです。

 

しかし、これでは納得いかないのでは・・・?

 

ここで始めの話に戻りますが、
癌はぶどう糖を栄養として、それを消費し
なおかつ増大するそうです。

 

炭水化物等は消化する事で糖質へと変化していきますが、
アイスクリーム等の食品に含まれる糖分は
そのまま腸から吸収されていきます。

 

結果この吸収されてしまう糖分は癌(がん)の
食事となるそうです。

 

また体の冷えは良くないと聞きますが
がんは低い体温を好みます。

癌になる可能性がある冷たいジュース

アイスクリームや、よく冷えたあま~いジュースは
腸を冷やし大量の糖分を含みますね。

 

体を冷やすと免疫力の低下に繋がりますから
癌にとっては絶好の活躍の場になっていくのです。

 

冷えた身体に糖分は癌にとって増殖する
絶好のチャンスなんですね。

SPONSORED LINK



冷えたジュースやアイスクリームだけが
癌の栄養素ではありません!

 

最近の果物はどれも糖度が高くなるように作られています。

「自然の甘さだから・・・」

こんな思い込みも注意が必要です。

 

乳がんを患った患者さんは、
乳製品は特に注意が必要です。

 

乳製品には糖分も油脂も大変多く含まれています。
再発や進行を回避するためにも、
なるべく避けた方が良いそうですよ!

 

先生曰く
「漢方の世界では病気が欲しているから
食べたくなるという考え方があります。
急にアイスクリームを食べたくなるのは、
癌細胞が食事を要求している可能性もあります。」

 

毎日食べたくなったら、要注意ですね。

 

しかし、ここまでの話はあくまでも
癌(がん)患者さんの話です。

 

健康な人がアイスクリームや
あま~いジュースを飲んで

癌になる事ではないそうです!

 

癌が好む食事の一つが
「甘い物」という結論ですね。

 

みんな大好き甘い物!
管理人の甘い物好きは、
昨日今日始まったものではないです。

 

これからも食べ続けるでしょう・・・。

 

元気で健康な人は
無理に控える必要はないですよ!

 

体脂肪肥満を気にしている人は
控えた方がいいですが・・・

 

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうございます!

コメントを残す