防虫剤の危険性!衣替えの時期に注意です!!

防虫剤の危険性って知ってますか?

衣替えの時期になると気になるのが防虫剤ですね。
普段何気なくタンスにぶら下がっていたり、
何気に片隅に置いてあったり・・・

大事な衣類を守ってくれる防虫剤ですが
実は大変危険な毒性を持っているそうです。

あやまって口に入れてしまった場合は・・・?

SPONSORED LINK



 

どんな病気になるのか?
効果的な対処法は?

本当は怖い「防虫剤」について
徹底的にリサーチしました。

 

防虫剤は体にどんな影響があるの?

衣類を食べる嫌な虫を退治するために
タンスやクローゼットで見かける防虫剤。

主にカツオブシムシやイガ等の害虫を退治します。

しかし独特のいや~な臭いは、衣服に染み込みます。
その臭いの原因はナフタレン樟脳といった
非常に毒性の強い成分です。

その強烈な臭いは虫だけではなく
驚くべき事に人間にも影響を与えるのです。

 

・ナフタレン

ナフタレンは強い毒性があります。
あやまって直接手にふれてしまうと
炎症をおこします。

また強烈な臭いは目に染みる場合もあります。

 

・樟脳

樟脳も強い毒性があります。
樟脳に含まれる、「カンファー」という成分が
毒性を持っているのです。

どちらも強い毒性を持っているのですが、
独特の臭いを感じると言う事は、気化していると言う事です。

気化したナフタレンや樟脳を大量に吸い込むと
頭痛や吐き気にめまい等を引き起こします。

その他には貧血やけいれん等も引き起こします。

っと、ここまでは世間一般で言われる事ですが・・・
実際はさらに深刻な症状を引き起こす場合もあります!

 

防虫剤 さらに危険な病気とは?

防虫剤に含まれるナフタレンですが、
じつは発がん性の恐れがあります!

気化したナフタレンを大量に吸い込んだり、
あやまって口に入れたりすると
頭痛や嘔吐、そして下痢等に加えて、
昏睡状態になったり、腎臓障害を引き起こす場合もあります。

気化した状態でも危険ですが、口に直接入れると
最悪死の危険もあるのです!

 

目に入ってしまうと白内障の危険もあります。
本当に取り扱いには注意が必要ですね。

 

       樟脳はさらに危険です。

樟脳も気化した状態のものを大量に吸い込むと
危険なのは上述しましたが、口に入れると・・・

完全に命の危険にさらされます。

その致死量は大人で2グラム
子供で1グラムで死ぬと言われています。

普段何気に置いてある防虫剤ですが、
死の危険性があるのです!

小さい子供がいる家庭では十分な注意が必要です!

それでは防虫剤を、口に入れてしまった場合の
効果的な対処法をお伝えします。

SPONSORED LINK



防虫剤を食べてしまった場合の対処法とは?

ナフタレンをあやまって食べてしまった場合は
水を飲ませてから吐きましょう。
大量の水を飲み、吐き出すのです。

その後病院へ診察に向かいましょう。

 

樟脳をあやまって食べてしまった場合は
水を飲ませて吐かずに病院へ診察にいきましょう。
樟脳の場合は吐きだしてはダメです。
水を飲み、早急に病院へ向かいましょう。

舐めた程度の場合は水を飲み様子を見て
しばらくたっても気分がすぐれない時は病院へ診察に向かいます。

皮膚などに直接触れてしまった場合は、
スグに水で洗い落しましょう。

 

防虫剤使用時のアドバイス!

衣替え等で防虫剤を扱う時は、十分に換気を行いましょう。
また、皮膚や目にあやまって付いてしまった時は、
スグに流水で洗い流しましょう。

使用や保管は子供の手の届かない場所にしましょう。

床への放置や、タンスの取りやすい場所は注意が必要ですよ!

 

参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうございます!

コメントを残す