残暑見舞いの時期とマナーとは?書き方を伝授します!

残暑お見舞い申し上げます。

このハガキを目にする頃は
夏の終わりを感じる時期ですね。残暑見舞いの時期

お盆の帰省も終わり、残暑厳しい中
夏のイベントも終わりを告げる・・・

そんな時期に忘れてならないのが
「残暑見舞い」です。

 

しかし、残暑見舞いのハガキはいつごろ
相手に届けば良いのでしょうか?

暑中見舞いとの違いは何なのでしょうか?

 

SPONSORED LINK



 

そこで今回は大人の為の
残暑見舞いのマナーとハガキの書き方について
徹底的にわかりやすく調べてみました!

 

暑中見舞いとの違いや、ハガキの例文、
残暑見舞いの時期と大人のマナーをまとめてどうぞ!

 

残暑見舞いと暑中見舞いの違いは?

どちらも夏のあいだに出しますが、
時期が違うと恥ずかしい思いをすることになります。

残暑見舞いは、基本的に「立秋」を
迎えてから出すものです。
そして、8月中に必ず出すようにします。

「立秋」は毎年8月7日頃です。

残暑見舞いは
8月7日~8月31日の間に届くように出しましょう!

 

それでは「暑中見舞い」はどうでしょう。

暑中見舞いは読んで字のごとく、
「暑い最中に見舞う」ものです。

基本的な時期ですが、
「小暑」~「立秋」の間に出します。

「小暑」は7月7日頃です。 

暑中見舞いは
7月7日ころ~8月7日ころに出しましょう。

 
7月7日~8月7日の間に出すと
間違いなく「お盆」までには届きます。

「暑い最中に見舞う」ものですので、
7月23日ころの「大暑」前後に届くのが
理想です。

 

残暑見舞いの時期

 

それでは「残暑見舞い」には
いったいどんな意味があるのでしょうか? 

 

残暑見舞いを出す意味は?

年賀状とはちがい、
お互いの近況を報告しあうのが主です。

季節のあいさつですので、あまり
堅苦しくなる必要はありません。

「暑中見舞い」も同じですが、
お互いに近況を報告し、相手の体を気遣い
無事に暑い夏を過ごして下さいと言う意味です。

相手を思いやる気持ちで出せば良いでしょう。

SPONSORED LINK



残暑見舞いの例文 

 

ここでは残暑見舞いの例文集を
いくつか載せておきます。
はがきの残暑見舞いを見てマナーを知る

大見出し
「残暑お見舞い申し上げます」
とするのが一般的です。

「炎暑ことのほか厳しい中
皆さまにおかれましては
ますますご壮健のことと存じます

わが家はおかげさまで
暑さにめげず
つつがなく過ごしております

時節柄なお一層の
ご自愛のほどお祈り申し上げます

平成二十六年 晩夏」

 


最初に相手を気遣う言葉を書きましょう!
その後自分の近況を報告し、結びの言葉を書きます。

 

「立秋をすぎても厳しい暑さが続いております。
皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか。

我が家は三人の子供とともに
元気にあわただしく過ごしております。

今年の厳しい暑さはしばらく続くようです。
皆さまどうぞご自愛下さい。

平成二十六年 立秋」

自分の近況をわかりやすく
簡潔に書くことを忘れずに!

お中元を頂いた方へ出す場合は
お礼を兼ねたあいさつの言葉を書きます。

「残暑お見舞い申し上げます。

毎日厳しい暑さが続いておりますが
皆さまいかがお過ごしでしょうか。残暑を感じる季節

先日は丁寧なお心遣いを頂きまして
誠にありがとうございます。

家族みんなで美味しく頂きました。
奥様にもくれぐれも
宜しくお伝え下さい。

今年はまだまだ暑い日が続くそうですので
くれぐれもご自愛下さいませ。

お礼まで

平成二十六年 盛夏」

 


お中元を頂いた方へのお礼状を兼ねた場合です。
「先日は丁寧なお心遣いを頂きまして、誠にありがとうございます。」
直接的な表現ではありませんが、お中元を指しています。

その他文例では
「心のこもったお中元を頂きまして、誠にありがとうございます。」
「心のこもったお品をお贈り頂き、誠にありがとうございます。」
このように直接お中元を表現してもOKです!

 

取引先などのビジネス残暑見舞いの例文も
載せておきます。

ビジネス残暑見舞いも大見出しは同じです。残暑お見舞い申し上げます

「残暑御見舞い申し上げます。

平素は格別の御高配を賜り
厚く御礼申し上げます。
立秋を迎えたにもかかわらず、
残暑厳しい日が続いておりますが
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

先日は結構なお品を頂きまして
誠にありがとうございます。

従業員一同で美味しく頂戴致しました。
○○様の御心遣いに
厚く御礼申し上げます。

残暑はまだまだ厳しいそうですが、
○○様におかれましては、
どうか御自愛下さいませ。

平成二十六年 八月」

 


ビジネス残暑見舞いでも基本的な書き方は同じです。
ただし、失礼のない言葉を選び
日頃のお礼は必ず丁寧に書いておきましょう!

 

残暑見舞いのまとめ

残暑見舞いや暑中見舞いの場合は
「敬具」「拝啓」などの
頭語や結語は省略してもOKです!

「平成○○年 盛夏」

盛夏の部分は「立秋」「盛夏」や「八月」と書いておくのが

一般的です。

基本的な文章の流れ

・大見出し「残暑お見舞い申し上げます。」
・相手の近況を伺う(気遣う)言葉
・自分の近況報告やお礼(お中元や日頃の感謝)
・相手の健康を気遣う言葉

 


「御自愛下さい」という言葉は
「体を気遣って下さい。」という意味です。

間違っても「御身体を御自愛下さいませ。」などと
書かないように気をつけましょう!

「自愛」とは体を大切にして下さいという事です。
重複してしまうので注意しましょうね。

 

相手を気遣うハガキ1枚にも
マナーや注意が必要なんですね。

相手を思いやり、日頃の感謝の気持ちを込めて
丁寧に書けばきっと思いは伝わります。

 

参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうございます!

注目のまとめ記事はこちら(´∀`●)

高校生
学校や親が取り組むいじめ対策のまとめ記事

コメントを残す