子供の車酔い対策はこれ!乗り物酔いに効果的な方法!

車酔いに船酔いにバス酔い・・・

子供の乗り物酔いに困った経験はありませんか?

家族での楽しいレジャーや
田舎への帰省にプチ旅行子供が車酔いで吐いている

必ず乗り物には乗りますね。

子供だけではなく大人でも酔う人は酔います。

SPONSORED LINK



楽しいデートでのドライブや
友達との旅行に遠足に修学旅行・・・
しかし、長時間の渋滞などで
どうしても酔ってしまい困っている人も多いのでは?

乗り物酔い対策をしてドライブするカップル

そこで今回は悩みを解消するために
車酔いや乗り物酔いを解決する対策を
徹底的にまとめました!

 

車酔いや乗り物酔いの原因は?

基本的に乗り物酔いを起こす原因は
乗り物による加速減速による加速度が原因といいます。

この加速度により三半規管が刺激され
自律神経が失調し酔いを感じるのです。

車の場合では、急な発進急な減速が原因になります。

遊園地の遊具などは加速度を楽しむ物なのですが、
車酔いや乗り物酔いをする人には
もっともキツイ乗り物です。

加速と減速に揺れが加わると、三半規管はさらに刺激され
船酔いを代表とする酷い酔いを感じます。

っと、ここまでの原因は知っている人も多いでしょうが、
実際は解明されていない事が多く謎だそうです。

車酔い対策を考える男

加速度病動揺病と呼ばれているそうですが、
本当の原因は不明です。

 

子供のための車酔い対策とは?

管理人は運転していても酔う事があります。
そこで今回はネット上にある色んな情報を
端から端まで調べ上げ、ある結論に達しました。

まずはどのサイトでも書かれている内容を見てみましょう!

SPONSORED LINK



乗り物酔いの基本対策

・市販の酔い止め薬(抗ヒスタミン系)を飲む
・体調を整えておく(睡眠をよく取る)
・空腹を避ける(腹八分程度に)
・読書や携帯、ゲームは避ける
・柑橘系の物を避ける
・タバコや芳香剤を避ける
・アメやガムを食べる
・アルコールを取る(成人の場合です。)
・寝る
・視界が良い席に座る
・音楽を聴くまたは歌う
・暗示をかける(笑)
・ツボを押す
・他人のゲロを見ない
・他人の酔いを見ない聞かない知らんぷり
・ゆったりとした服装を心掛ける
・乗車前に体操する
・風通しを良くする
・トイレは事前に済ませておく
・家庭の事情を考えない
・サングラスをかける
・下を見ない
・へその上あたりに湿布を貼る
・酔い止めバンドを付ける
・強い気持ちで挑む!

ざっとですが、こんな感じで書かれています。
どれも同じような事ばかりが書かれていました。
ですのであえてツボの説明や、食べ物の説明は省きます。

実際に共感出来る内容のものやそうでないもの、
試してみたいものや信じられない内容などなど・・・

人それぞれ個人差はありますし、一概には言えませんが
管理人は気持ちで乗り越えています。

 酔い止め薬も飲みましたが、暗示にかかっていないと
不安が上回り負けてしまいます。
空腹を避けるとか体調を整えるとか、
日常生活を正しく過ごしていれば問題は無いハズですが、
やっぱり苦手意識がかってしまい、ゲロを吐いてしまいます。

 

そこで気持ち(メンタル)の部分を鍛えるには
いったいどうすれば良いのか?

三半規管を鍛えるもしくは慣れさせる

気持ちを鍛える為にも努力は必要ということで
面白い鍛練を見つけました。

家で鍛える場合

布団の上で前回り・後ろ回りを繰り返すことにより
三半規管を鍛える効果が!?
家で慣れておくことで自信につなげるというもの。

前回り・後ろ回りを練習するのではなくて、あくまで
三半規管を刺激し酔いに慣れる方法ですね。

管理人はやりたくないですが・・・

 

公園で鍛える場合

ブランコに座り、頭の荷重を後ろにかけて
ひたすら揺られる・・・

気持ち悪くなること間違いなし!

実践に向けた鍛練としては良いかも?
しかし、本当に効果があるかは・・・?

もちろん、やりたくない方法です。

「じゃあ結局どうにもならないじゃん!」

そう思われるかもですが・・・
気持ちで乗り切るのが一番なんです!

 

例えば、
「今回の遠足は大丈夫だった!」
こういう自分への自信が積み重なり
やがて克服します。

 

それを補助するのが、酔い止めの薬であったり
アメやガムやチョコレートなどのお菓子だったり
音楽だったり、座席の位置なんです。

 

「大丈夫。今日は大丈夫。」
こう言い聞かせ、楽しい話題をして
嫌な事を考える時間がなければ酔いません!

もしくは、薬による眠気作用を利用して
寝かせつけるのも有りです。

下手にゲロ袋を用意して見せると逆効果です。
メンタルがすべてですからね。

それでも不安はなかなか取り除けませんよね!

そこでメンタルを補助する最強のアイテムを
2つ紹介したいと思いますが、個人差はありますので・・・。

 

手作り御守り

小さな紙袋でも良いですが持ち運びに
邪魔にならない袋を用意します。

そこに1円玉を4つ入れます。

「1円、2円、3円、4円・・・よえん?」
・・・こういう御守りです。

気持ちの問題ですからOKです!
子供に持たせてみてはどうでしょうか?

それともう一つはバンドです。

 

 酔い止めバンド 子供用

効果は個人差がありますが、それは薬でも同じ事。
だったら、気持ちの部分を鍛える意味でも
最近のこういう商品はOKだと思います!

「大丈夫!きっと大丈夫!」

慣れればなんてことなく車も船も楽しめるものです。
とうぜん遊園地も楽しく遊べるようになるでしょう。

自信をつけるには不安を取りのぞくしかないのです。

根性論・精神論になってしまいましたが、気持ちがすべてですので
レジャーを思いっきり楽しむという強い気持ちを持って下さいね。

 

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうございます!

コメントを残す