大人のあせも 薬と治療法について

汗をかく季節になると、汗疹(あせも)に悩む方も多いのでは?

赤いブツブツに強烈なかゆみ・・・

 

子供だけではなく、「大人のあせも」は本当にツライですね。

 

大人のあせもで薬に悩む男性

 

今回はそんな「大人のあせも」について

メニュー

・あせもの原因
・大人のあせも対策
・あせも治療法
・正しいあせもの薬選び

 

SPONSORED LINK



 

・あせもの原因とは?

乳幼児や小さな子供に多いと思われがちですが、「あせも」は実は大人に多いのです!
そもそも、どうして「あせも」になるのか?

「あせも」は、大量にかいた「汗」が皮膚の中にたまる事で発生します。

 

皮膚にたまる汗とは?

そもそも「汗」は汗腺から噴き出るものです。
しかし、大量に汗をかくと、皮膚に出る前に周りの組織に漏れ出します。

皮膚の内部に漏れ出した「汗」は、やがて「水ぶくれ」になり
その後は「炎症」をおこします。

炎症をおこしたら、かゆみを感じる様になり、赤いブツブツが発生するようになります。

ここで初めて「あせも」と気付く人が多いのです。

 

 

・大人のあせも対策

乳幼児(赤ちゃん)や子供の場合は、ベビーパウダーを使用すると効果あります。
※あせもになる前の、通常の状態です。

しかし、大人は普段からベビーパウダーを持ち歩く事は出来ませんね。

 

大人のあせも対策としては、原因を取り除く事を心がけます。

・極力「汗」をかかない様にする。
・こまめに汗をふきとる。
・可能であれば、こまめに汗を洗い流す。
・汗をかいたら服を着替える。 (通気性の良い服装を心がける)
・かゆくても、なるべく触れないようにする。

※子供に多いですが、あせもによる「かゆみ」で
必要以上にかきまくり、化膿して「とびひ」になるケースもあります。

 

大人のあせも対策

シャワーなどで「汗」を洗い流すのが一番良いですが、

間違っても、発汗するくらい湯船につかる行為は避けましょう。

 

できれば、高温多湿な場所での運動や作業は控えましょう。

また、最近では夏場でも涼しく過ごすための

「冷感スプレー」「冷却スプレー」などが販売されています。

外で仕事される人にはおススメです。

SPONSORED LINK



・あせもの治療法

あせもの治療法としましては、一般的に市販の塗り薬を使用される方が多いです。

しかし、皮膚疾患を患っている人や、肌の強い人・弱い人で薬も違ってきます。

間違った判断で、症状を悪化させるケースもありますので
医師に問い合わせる事を強くおススメします。

 

・正しいあせもの薬選び

薬局やドラッグストアなどで、一般的に販売されています。

年齢や、皮膚の状態、皮膚疾患の有無により、薬の強さも違います。

 

基本は皮膚科を受診する事をおススメしますが、

市販のステロイド外用剤でも効果はあります。

 

ステロイド外用薬は、強さに応じて3種類あります!

一番弱い効果の種類を  weak

普通 一般的な種類を  mediam

一番効果の強い種類を  strong

※薬局やドラッグストアにて必ず、「症状」や「状態」を伝えましょう!

 

※ぬり薬をぬる前にも注意が必要です。

薬をぬる前は必ず、「汗」を洗い流し、

綺麗に拭きとってから、「ぬり薬」をぬりましょう!

 

基本は、スキンケア(洗い流す)→ぬり薬です。

 

汗をかいたまま「薬」をぬると、汗で薬が皮膚内部まで溶け込みません。

薬をぬりこんだ後の汗は大丈夫ですが、汗は必ず拭き取りましょう。

 

薬の塗り方ですが、直接指に薬を付けるのではなく

ティッシュペーパー等に付けてから、患部に塗りこみます。

 

ステロイド外用薬は非常に効果の高い薬です。

むやみに関係ない肌には使用しない事をおススメします。

短期で治すために使用する薬です。

 

 

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうございます!

コメントを残す