醍醐寺の紅葉2016!見頃の時期とライトアップはいつから?

京都の紅葉を楽しむなら
世界遺産「醍醐寺」は外せません!

 

醍醐寺と言えば、紅葉よりも
桜のほうが有名なイメージなんですが
じつは、紅葉の時期が1番おすすめなんです!

 

と言いますのも、管理人は
京都の醍醐で幼少期を過ごしました(๑¯◡¯๑)

 

ですので、醍醐寺の紅葉の魅力については
他の誰よりも詳しいと自負しています(苦笑)

 

そこで今回は、誰よりも醍醐寺を知り尽くす
京都在住の管理人が、紅葉の見所と
見頃の時期について、徹底的にお伝えします!

 

それでは、まいりましょうヽ(・∀・)ノ

 

※醍醐寺の地図も載せておきますね!

SPONSORED LINK



2016醍醐寺の紅葉!見所は?

場所は京都市伏見区です。
前回の記事でも書きましたが、「伏見区」は以外と穴場です。

 

なかでも今回ご紹介する
世界遺産「醍醐寺」はかなり有名な観光スポットです。

 

あの豊臣秀吉が花見をしたと言われる、醍醐三宝院の桜は有名で
桜のシーズンには多くの観光客が花見に訪れます。

 

そんな桜の名所で有名な醍醐寺ですが、じつは
ライトアップスポットとしては穴場中の穴場なのです。

 

紅葉のシーズンに行われる夜間ライトアップ
見る人を魅了し、幻想的な空気感を醸し出しています!

 

昼間の紅葉は観光客も多いですが、
夜は本当に人が少なく、静かに落ち着いて
ライトアップされた紅葉を楽しめるんですよ~ヽ(・∀・)ノ

 

まずは昼間の画像から見て下さい!!!↓

京都の世界遺産でも穴場の醍醐寺

昼間は昼間で綺麗ですが、夜はさらに綺麗ですよ!
同じ場所とは思えないほど幻想的です!!

 

そんなライトアップ画像はこちら↓

 

世界遺産醍醐寺のライトアップ

弁天堂と弁天橋の画像です。

ライトアップされた弁天橋が池に写り
本当に幻想的ですね。

 

観音堂周辺の紅葉です。

ライトアップされた醍醐寺の紅葉

 

 

かなり良い感じではないでしょうか?

夜の拝観は本当に綺麗なんですが、不思議な事に
驚くほど人が少ないです。

 

桜のシーズンの人混みを考えると、想像出来ない少なさです。
京都市内の観光地は夜でも人が多く、
なかなか落ち着いて紅葉を楽しむ事は出来ないのでは?

 

同じ京都でも伏見区になると、本当に観光客が少なくなります。
管理人が思うに、穴場とは伏見区にある名所のことを指すと思います。

SPONSORED LINK



 

世界遺産 醍醐寺 紅葉の時期と詳細は?

紅葉の見ごろとしましては、
例年11月中旬~12月上旬となっております。

 

 2016年 醍醐寺の紅葉ライトアップ期間

  • 平成27年11月12日(土)~12月4日(日)まで。
    ※状況により変更あり


拝観時間

  • 午後6時~8時50分まで(受付は8時10分まで)

 

拝観料 1000円

 

期間限定でのライトアップです。
太閤 秀吉が設計したとされる紅葉を
是非ご覧ください。

 

最寄駅は地下鉄東西線 醍醐駅です。

駅から徒歩で約10分ほどです。

地図を載せておきますね。

より大きな地図で 醍醐寺 を表示
はるか昔、秀吉が、桜の次に紅葉狩りを楽しむ為に
醍醐寺周辺の設計をしたとされる紅葉

 

一時期は、誰でも入山可能な場所でしたが、
世界遺産登録されてからは、厳重に管理され守られています。

 

徹底した管理と手入れされた景観は、観光に訪れた人を
きっと満足させることでしょう。

 

京都のライトアップスポットの
穴場中の穴場「醍醐寺」
絶対におすすめです!

 

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうございます!

コメントを残す