お中元のマナーとは?お礼状の書き方はこうする!?

お中元のマナーとは?

 

普段から何気に贈ったり、贈られたりしている「お中元」

「日頃の感謝の気持ちをこめて」

贈る人も、贈られる人も、みんなが嬉しくなれば良いですね!

 

今回はそんな「お中元」の常識を考えてみました。

お中元のマナーであるのしの書き方

 

知っているのと、知らないのでは今後のお付き合いが変わるかも?

恥ずかしい思いをしない為に・・・知っておきましょう!(´∀`●)

SPONSORED LINK



 

 

 

目次

・お中元の「お礼状」について
・絶対NGな贈り物って?
・お返しは必要?

 

お中元のマナー お礼状について

 

お中元を頂く場合は、お礼を伝えるのは当たり前のことです。

最近は電話やメールで簡単に済ますケースも多いのでは?

しかし、お礼はしっかり行うのが礼儀といえば礼儀です。

 

お礼を伝えるって・・・?

 

一般的に手紙やハガキでお礼の気持ちを伝えるのが主流です。

しかし、届いた事をお知らせする意味でも、電話でのお礼は欠かせません。

電話でお礼を伝え、なおかつ手紙やハガキでお礼状を送ります。

 

ハガキでのお礼状が比較的に多いです。

 

 

親しき仲にも礼儀あり

 

親や兄弟、親しい親族でもお礼は必ずしましょう。

また、手紙やハガキでのお礼状の書き方ですが、手書きの文面は喜ばれます。

最近は、手書きの文章というのがメッキリ減っています。

年賀状なども手書きは随分と少なくなりました。

 

 

「字が汚いから・・・」

「自信がないから・・・」

 

そういう場合でも、一言で良いですから、手書きで感謝の気持ちを伝えましょう。

 

「家族で美味しく頂きました。」

「いつも本当にありがとうございます。」

「みんな元気に過ごしています。」

 

こんな一言でも良いです。

手書きの文章は、ホッとするものです。

正直に感謝の気持ち書きましょう!

 

 

取引先の方や目上の方の場合は注意が必要ですよ!!!

 

贈り主が目上の人の場合は、きちんと礼儀に配慮したお礼状を作成しましょう。

今後のお付き合いを考えて、失礼のない文面が好ましいです。

 

 

参考までに

・・・・貴社の益々の発展をお祈り致します。

・・・・今後もよろしくお願い致します。

・・・・ご家族のみなさんのご健康をお祈りいたします。

・・・・奥様にもくれぐれもよろしくお伝えください。

 

 

相手のご厚意に感謝した気持で書くと、自然と丁寧な文章になります。

感謝の気持ちを丁寧にお伝えしましょう。

SPONSORED LINK



贈り物 絶対NGな贈り物について

 

日頃の感謝の気持ちを「形」にして贈るものです。

季節感のある商品選びも大切ですが、相手の好きな物も考えてみましょう。

 

 

 お中元選びのポイントは?

相手の家族構成や趣味など、知っている限りの情報を整理しましょう。

例)子供さんの人数など

 

 

最近は「カタログギフト」なども定番です。

 

どうしても商品が決まらない場合は、健康に配慮した商品が良いです。

相手の健康を考えた商品は喜ばれること間違いないです。

 

金額ではなく、「気持ち」が一番です!

気持ちがこもっていればOKです! (*´∀`)

 

絶対NGな商品とは?

 

特に目上の方には「金券」や「現金」などは控えましょう。

お中元で現金はないでしょうが、注意が必要です。

 

それから意外と知らない人が多いのが

「履物」です。

履物は昔から「踏みつける」という意味があるそうです。

また「時計」や「筆記用具」などもNGです。

 

お中元 お返しは必要なの?

 

お中元は日頃お世話になっている方への「感謝の気持ち」です。

ですから基本お返しは必要ありません。

しかし、気持ちは気持ちですから、お返しをしてもOKです。

 

※ただし相手の負担にもなりかねますので、あまり高額にならないように・・・

 

お中元は感謝の気持ちや、疎遠になっている方へのあいさつの意味もあります。

お互いに嬉しいやり取りが出来れば良いですね。

 

 

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうございます!

注目のまとめ記事はこちら(´∀`●)

高校生
学校や親が取り組むいじめ対策のまとめ記事

コメントを残す