自転車を塗装してdiy!自分でリメイクした全手順を大公開!

子供の自転車を塗装しようかな?」

自分でdiyすれば
まだまだ乗れる自転車だしなぁ~」

「あと1年、この自転車で我慢して欲しい・・・。」

小学生の女の子用の自転車

自転車って子供の成長に合わせて
買い替える物
ですが
スグには買えない事情もありますよね?

 

例えば、上の子の自転車が
まだまだ綺麗だったり、
タイミング的に無理だったり。

 

管理人は両方の理由だったんです。

 

娘が中学生になり
画像の可愛らしい自転車では
嫌になったみたいなんですヾ(;´▽`A“

 

っで、大人用のママチャリみたいな自転車を
購入したのですが、すると3人兄弟の末っ子が

「僕の自転車はいつ買ってくれるの?」

・・・と、言い出したんです(-_-;ウーン

 

それもそのはず、今まで
末っ子の男の子には上の子の
「お下がり」ばかりを与えていたんですね。

 

もちろん、自転車もです。

 

っで、新しい自転車を買ってあげようかな?」
なんて考えていたら

「お姉ちゃんの古い自転車を
違う色にしてくれたら乗るよ。」

・・・と、言ってくれたんです!

 

何だか申し訳ない気持ちでしたが、
じっさいのところ超嬉しかったので
真面目に自転車を塗装したのですね。

 

はじめは
「塗装くらい簡単にできるやろ」
って思っていたんですが・・・

 

じっさいは塗装以外のこと
凄く面倒で大変だったんですね(苦笑)

 

そこで今回は、管理人と同じ状況の方に向けて

  • 塗装に必要な物
  • 塗装するコツ
  • 必ず注意するポイント
  • 完成までの工程

などについて、画像を用いて
徹底的に詳しく紹介します!

 

じっさいに自転車をリメイクしたからこそ、
コツポイントがわかるので
ぜひ最後まで参考にしてください♪

 

まずは事前に準備する物からですヽ(・∀・)ノ

SPONSORED LINK



自転車をdiy!塗装前に準備する物はコレ!

今回は、管理人にとっても初の挑戦なので
事前にその道のプロに
塗装に必要な物を教えてもらいました!

 

まぁ、その道のプロって言っても
中古車屋さんですけどね(苦笑)

 

でも、板金塗装も行っているので
間違いはないでしょう!

 

・・・と言うわけで、
自転車の塗装に必要な物を紹介します。

  • サンドペーパー 800番
  • スプレー缶
  • 養生材
  • プライマー
  • 除光液
  • 工具

大体これだけの物が必要なんです(๑¯◡¯๑)

 

それでは、その使い道(用途)について
説明しますね。

サンドペーパー 800番

サンドペーパーを使う理由
ツルツルの表面に細かな傷を付けて
塗装の乗りを良くする為なんです!

 

今回は、中古自転車を塗装してdiyするので
元の塗装面をペーパーで擦るワケですね。

 

また、「800番」というのがミソでしてw
サンドペーパーは目の粗さによって
番号が違う
のです。

 

800番と言うと、かなり目が細かい番手なので
管理人のような素人が
ガッツリ擦っても大丈夫でした!

 

まぁ、この作業も車屋さんのアドバイスですが、
実際に磨いてみても
あまり変化は感じなかったです(苦笑)

 

でも、一応プロの指示なんでw
車体(フレーム)など
擦りやすい場所で使用しました。

 

スプレー缶

こちらは、好みの色(カラー)を準備しましょう!

今回、管理人が選んだ色は

  • ブラック(艶消し)

なんで、艶消しを選んだかと言うと
単純にカッコいいのと
ひと手間省けるからです(苦笑)

 

と言うのも、光沢のある色にする場合
塗装が完了した後に、「クリアー」と呼ばれる
コーティング剤を塗る必要があるんです!

 

ただし、管理人のように
光沢を求めない場合は必要ありません。

 

 スプレー缶を購入する前に注意するポイント
好きな色を選ぶのは良いんですが
必ずラッカー系のスプレー缶を選ぶことです!

 

なぜなら、誤って水性スプレーを選ぶと
素人では塗装にムラが出来やすいからです。

 

それに、塗装の強度を考えても
水性よりもラッカー系のほうが強いのですよ(๑¯◡¯๑)

 

養生材

関係のないところを塗装しない為に
マスキングするのに使います。

 

管理人は、会社に残っていた
建築現場用の養生材を使いましたが
無ければビニール袋でもO━d(・∀・。)━K!!

 

色が飛んで困るところ
養生出来れば良いワケですから
何でも良いですよ~♪

 

ただし!

ブレーキの線などに
ガムテープをグルグル巻くのはNG!

 

 

後で剥がすのが超大変ですからヾ(;´▽`A“

(実際に困りました・・・。)

 

そういう場所に巻くなら
マスキングテープが良いかもですよヽ(・∀・)ノ

 

プライマー

塗装する前に塗る下地処理剤です。

このプライマーを塗るだけで
塗装の強度がグンッと増します!!

 

と言うか、プライマー処理をしないと
ラッカー系のスプレーを塗って乾いても
爪で擦れば色が剥がれてしまうんですよヾ(;´▽`A“

 

自転車塗装のdiyで言うところの
肝の部分になりますね^^

 

せっかく、わざわざ自分で塗装して
自転車をリメイクするワケですから
ここは手を抜かずに頑張りましょう!

 

除光液

自転車のシール剥がしに使いますが、
上手く綺麗に剥がせるなら必要ありません。

 

と言うのも、管理人の場合は
綺麗に剥がすどころか
メチャクチャ汚くなってしまったのです。

 

「ソ~っと、綺麗に剥がすぜ~♪」
なんて簡単に思っていたんですが(苦笑)
途中でシールが剥がれたりして大変でした(-_-;ウーン

 

しかも!

あまりのシールの頑固さに腹が立ちまして
雑巾で擦ったりしたんですよ(苦笑)

 

・・・結果、シール部分が黒くなって
収集つかなくなったんですヾ(;´▽`A“

 

そこで使ったのが「除光液」なんですが、
その驚きの効果に
感動すら覚えましたよ♪

 

奥さんの提案だったのですが
それはもう綺麗に、何もなかったように
美しくシールを剝がせました。

 

なので、管理人のように
「ほんの少し不器用かも?」
なんて人は事前に用意しておくと良いですよ♪

SPONSORED LINK



自転車を自分で塗装した手順を公開!

今回は、真面目にdiyするつもりだったので(苦笑)
自転車のパーツを分解して
塗装することにしました。

 

なので、初めの作業としては

  • 自転車の分解

・・・なんですが、注意するポイントがあります!

それは、最後に
元通りに組み立てることです。

 

じつは、自転車の組み立てって
意外にムツカシイものなんですよヾ(;´▽`A“

 

特に後輪の部分は複雑
失敗するとブレーキが利かなくなったりします!

 

そうなっては、元も子もないので(苦笑)
事前に画像を取ることが
何よりも大切なポイント
になりますo(-`д´- o)

 

間違いありませんからね!

 

まずは全体画像から

自転車をdiyで塗装する前の状態

続いて複雑な部分をくまなく撮影しておきます。

子供用自転車を塗装する前の前輪部分

自転車の前輪部分でして
カゴを外した状態です。

 

だけど、この画像だけでは不十分でして
最後に組み立てるときに困ってしまうでしょう・・・。

 

なので、もっと詳細に画像を撮影しておきます。

前輪部分の塗装前

子供用自転車をリメイクするにあたり撮影した前輪

この画像はネジを少しだけ緩めた状態ですが、
組み立てる順番はチェックできますね!

子供用自転車の前輪泥除けの締め付け箇所

ここも前輪部分ではかなり重要なポイントです!!

 

画像で確認するとわかりますが
前輪のブレーキ車体に加えて
泥除け部分も全部まとめて締め付けてありますね。

 

締め付ける順番を間違えると
どうにもなりませんので注意が必要ですよ!

 

後輪部分の塗装前

自転車を組み立てるために撮影した後輪部分

自転車の後輪部分は特に複雑です!!

ブレーキのワイヤーなども絡んでいますので
事前に細かく撮影して
組み立て出来るようにしておきましょうヽ(・∀・)ノ

 

自転車をdiyする前に撮影した後輪部分

面倒かもですが、後で焦ることになるので(苦笑)
画像で残しておく事が一番のポイントです。

 

ここまでが事前準備ですのでお忘れなく!

では次の作業を紹介しますヽ(・∀・)ノ

塗装前に自転車を分解する!

※あくまでも素人である管理人が行った
分解の手順ですのでご容赦くださいm(__)m

1、カゴとペダルを外す!

カゴはプラスドライバー
モンキーレンチを使って外しました。

 

ペダルはモンキーレンチで外せます。

 

2、前輪部分を外す!

モンキーレンチを使用して
前輪の軸部分のネジを外します。

すると、前輪とカゴを受けるバーが同時に外せます。

 

続いて前の泥除け部分を外しますが、
前ブレーキと同時に取り外す事になりますので、
部品を無くさないように注意してくださいね!

 

3、チェーンカバーを外す!

後輪を外す前に、チェーン部分を保護するカバーを
外しておきます。

 

4、後ろブレーキを外す!

少しムツカシイ作業なんですが
後ろブレーキを先に外しておくと
後輪を取り外すのに楽なんです。

※外す前に金具の位置などを覚えておきましょう!
(画像でわかるように!!)

クドイようですが、ブレーキ部分の画像
必ず保存しておいてください。

 

5、後輪の泥除けを外す!

後の泥除けを外しておくと
後輪を外す際に凄く楽です!

 

管理人は焦って
そのまま後輪を外そうとしましたが(苦笑)
自転車の構造上、無理でしたヾ(;´▽`A“

 

自転車によって違いはあるかもですが
よ~く観察してから取り外してくださいね♪

 

6、後輪を外す!

いよいよ後輪を外します(๑¯◡¯๑)

この時点で気づいたことなんですが
チェーンを完全に取り外す事は
出来ないんですね~
(笑)

 

うっかりしてましたがヾ(;´▽`A“
チェーンを切るワケにはいかないので
塗装の邪魔にならないようにしましょう!

 

※ナットやワッシャーなど
細かい部品を無くさないように
しっかりと保管してください。

塗装前の下準備をする

車体(フレーム)と車輪を完全に取り外したら
いよいよ下地処理を行います。

手順としては

  1. さびやシールを取り除く
  2. サンドペーパーで全体を削る
  3. マスキング(養生)する
  4. プライマーを塗布する

以上になります。

1、さびやシールを取り除く

 

自転車の塗装前にシールを剥がした状態の画像

準備編でも上述しましたが
シールは綺麗に剥がしておく必要があります。

 

塗装面に浮き出てしまうので
カッコ悪いですからね~(。・ω・。)

 

また、サビ取りに関しては
100均の「サビ取りクリーナー」
などを利用してください。

 

もしも、サビが取れない場合
無理せず次の工程に進む方が良いでしょう。

 

理由は、あまり擦りすぎてしまうと
違う場所に傷がつき
その場所から新たにサビてしまう
からです。

 

なので、そこそこ磨いて
サビが取れれば良し
としてください。

 

2、サンドペーパーで全体を削る

塗装する面を全てサンドペーパーで削ります。

削るというか、表面に細かな傷をつけるイメージですね。

 

ただ、じっさいに削って思ったのが、
「意味あんのかな・・・、」ですwww

 

ぶっちゃけ、元の塗装は
焼き付け塗装されているので
超強力でして、少々の事では剥がれません。

 

それを目が細やかな800番の
サンドペーパー
を使ったところで
削れるとは思わないのですね(苦笑)

 

じっさいに、かなり大変な作業でしたヾ(;´▽`A“

 

まぁ、しかしながら
プロのアドバイスなので
それなりには頑張りましたけどね。

 

3、マスキング(養生)する

塗装をしない箇所にマスキングを行います。

例えば・・・

  • ブレーキの線
  • チェーン
  • ハンドルのグリップ部分
  • カゴを受ける金具

などなどです(๑¯◡¯๑)

 

もしも、車体に複数の色を塗装するなら
その都度マスキングをし直す必要があります。

 

まぁ、この時点でかなり面倒ではありますが(苦笑)
せっかくパーツ毎に自転車を分解したので
丁寧にマスキングしてください!

 

もう少し、あと少しですよヽ(・∀・)ノ

 

4、プライマーを塗布する

この作業の画像を忘れちゃいましたm(__)m

 

まず、管理人が使用したプライマー
中古車屋の友人にもらった
プロ仕様の物でした。

 

っで、肝心の商品名すらも
忘れてしまいました(苦笑)

 

ごめんなさいm(__)m

 

ただ、覚えているのは
プライマーを均等に吹き付けて
少し時間を空けてから塗装
を行いました!

 

と言うのも、プライマーって
分かりやすく言うと
接着剤みたいな物なんですね。

 

なので、吹き付けた直後よりも
少し間をあけてから色を吹く方が
密着性に優れているワケです♪

 

って、プロが言ってました(苦笑)

 

時間を空けるといっても
約15分程ですので、その間に
マスキングの最終チェックを行うと良いでしょう(๑¯◡¯๑)

 

自転車に好きな色を塗装する

下準備が終わるとメインである
自転車の塗装を残すのみです(笑)

 

「段取り八分仕事二分」とは
この事を言うんでしょうねw

 

ぶっちゃけ、この作業が一番楽でした!

 

ただ、この塗装の良し悪し
見た目に大きく影響するので
慎重に丁寧に吹き付けましょう!

自転車を塗装してる画像

ポイントは20㎝ほど離して
均等に薄~く吹き付けることです。

 

一か所に集中すると
色がダマになるので要注意ですよ
o(-`д´- o)

 

っで、色にムラが出ないように
2,3度吹き付けて乾燥するまで
触らずにジッと待ちます
(笑)

自転車に艶消しの黒を塗装してる画像

 

管理人は6月の末に塗装しましたが、
約30分~1時間程で完全に乾きました。
(その間コーヒー飲んでましたw)

 

 

っで、塗装が乾いたら
最後に各パーツを組み立てる作業に入ります。

 

ここまでくると
あと少しですねヽ(・∀・)ノ

 

・・・ただし!

この組み立てる作業
本当に本当に大変でしたΣ(゚д゚;) ヌオォ!?

 

見た目には凄く簡単そうなんですが
塗装面を傷つけないようにするには
かなりの神経を使いましたね~ヾ(;´▽`A“

 

それに、後輪部分のブレーキ
調整が必要でして
一番苦労したポイントでもあります。

 

画像がなかったら
再度組み立てることは・・・
出来なかったでしょう(。・ω・。)

 

なので、クドイですけど
事前の撮影は必ず行ってくださいね!

 

最後に、自分で塗装した自転車がこちら!

自分で塗装した子供用の自転車

 

息子も大喜びで乗り回してます(笑)

diyした自転車を乗り回す子供

 

本当は新しい自転車を買ってあげたかったけど(苦笑)
一緒に塗装して満足してくれてるので
親としてはホッとしてます(´∀`●)

 

ちなみに、カゴだけはそのままの物を使用してます。

なぜなら、息子が

「買いに行くの面倒くさいし、これで良い!」

と、言ってくれたので(。・ω・。)

スポンサーリンク




自転車塗装!まとめ

いかがでしたか?

 

今回は子供の自転車を
自分で塗装した全手順
を紹介しました!

 

最後に、サクッと工程をまとめると・・・

 自転車を塗装した全行程!

  1. 事前に写真をとる
    ※車輪の接続部分は必須!
  2. 自転車を分解する
    (出来るところまででOK!)
  3. 塗装面の下地処理をする
  4. マスキングする
  5. プライマーを塗る←ココ重要!
  6. 好きな色を塗装する
  7. 元通りに組み立てる

以上になります(๑¯◡¯๑)

※サドルは使わなくなった
折り畳み自転車の物と交換しました。

 

工程だけみると面倒かもですが(苦笑)
子供と騒ぎながら作業すると
アッという間に終わりますよ♪

 

ちなみに、管理人親子の場合
約4時間ほど掛かりましたヾ(;´▽`A“

 

早いか遅いかわかりませんけどw
子供はとっても嬉しそうでして
一生懸命に手伝っていましたよ^^

 

ぜひ、参考にして頂いて
親子で自転車をリメイクして
良い思い出を作ってください!

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうございます!

コメントを残す