シェア&フォローをよろしくお願いしますヽ(・∀・)ノ

金のなる木を挿し木や葉挿しで超簡単に増やした方法を紹介します!

金のなる木 観葉植物

今回は、金のなる木を挿し木で増やした方法について
私の経験から紹介します!

 

 

ぷっくりとしたツヤがあり、
肉厚な葉っぱが可愛らしい金のなる木。

 

「金のなる木」と呼ばれるのは、
葉っぱの形状が硬貨に似ているというところからきているそうで、
英語では doller plantと呼ばれています。

 

ところで、「木」と呼ばれてはいますが、
じつは、もともと南アフリカ原産の「多肉植物」なんですよ。

 

この可愛らしいカネノナルキですが、
とても簡単に増やす事が可能です。

 

あまりに簡単すぎて
拍子抜けするかもですけど、
ぜひ参考にしてください!!

 

スポンサーリンク

金のなる木を挿し木で増やす方法!

作業自体は段取りさえ出来れば
超簡単ですので、まずは
事前準備について説明しますね!

準備するもの

  • ハサミ
  • 新しい土
  • 鉢底用の軽石
  • 植木鉢
  • 底穴用ネット
    →ようは鉢植えの基本セットですね。

金のなる木を増やす事前準備

まず、土や軽石が落ちないように
植木鉢の底穴にネットを敷きます。

 

私はスーパーでオクラが入っているネットを5~6cm角くらいにハサミで切りまして、2枚重ねて代用しちゃっています。

 

次に、底から2cmくらいまで鉢底用の軽石を入れます。
(水はけをよくするため)

そして、植木鉢の上から3cmくらいまでの高さまでを入れます。
(この3cmは水やりの際に水があふれないようにするためのスペース)

ここまでが準備段階です。

 

金のなる木の増やし方

 

  1. ハサミで親となる木の枝の先端から約10㎝くらいのところで切ります。
  2. 準備した植木鉢に指で穴を開ける。
  3. 切った枝を穴に挿す。

これだけです。(笑)

笑っちゃうかもですが本当にこれだけなんです。

挿す枝は短くても大丈夫です。
先端の二葉だけ残して切ったものでも発根します!

 

ズボラな私は伸びすぎた枝を切って、
すぐに適当な植木鉢にそのまま挿しましたが、
一応根付いて育ってくれています。

 

プチ金のなる木

 

念のため色々調べてみると、
切った部分を2~3日乾燥させてから
土に挿した方が良いみたいです。

 

土に挿した後は2~3週間で発根しますが、
水やりは必要ありません!

 

ちなみに親木の切った枝の近くからは、
また新たな芽が出てきています。

剪定した金のなる木

 

もともと、この「金のなる木」は
南アフリカ原産の多肉植物ということもあり、
乾燥よりも水のあげすぎの方が良くないようです。

育て方発根ともに大事なポイントは、「思ったよりも水をやらない」ということですね。

 

実際に私が他の植物のように
「水挿しで増やそう!」と思っても、
まったく上手くいかなかったのは・・・
乾燥するステップが無かったからかもしれません!

 

ちなみに私は普通の土で育てていますが、
カネノナルキは他の植物に比べると・・・

  • 水やりの回数が少ない
  • 土が乾燥していることが多い
  • 特に夏場は土自体がカラカラになっている
  • 水やりをしても水が固い土を通り抜けてそのまま受け皿にたまる

という状態になっています。

 

とても植物を育てている環境には思えませんが(苦笑)
それでもカネノナルキは育っています!

あのカチカチの土を見ると
「居心地が悪そうだな~」と、思いますけどね。

 

できれば挿し木の段階“カネノナルキ用の土”(←こういうものがあるみたいです)をチョイスしてもらうと良いのではないかと思います。

 

 

また、私の義母は
さらに大きなカネノナルキを育てています。

金のなる木

 

 

この鉢を少し動かしたときに、
たまたまポロっと落ちてきた葉っぱを見たら、
発根しているうえに、ちい~ちゃな芽のようなものが!

金のなる木の実

以前に取れた葉っぱがそのまんまになっていて、
根っこが出てきていたのでしょうね。

 

そうです。

多肉植物は葉っぱだけになっても、
「その付け根から発根して根付いて育つ」
という増え方もあるんです!

 

これを葉挿しと言います。

 

この方法は、
「切り口を乾燥させてそのまま土の上に置く」という方法です。

落ちた葉を放置するだけでも
自然に発根する生命力。

なので、それほど手を加えなくても
見守るだけで良いんですよ。

 

最後にまとめると、
カネノナルキを増やそうと思った場合

  • 剪定を兼ねるなら挿し木で増やす!
  • 親木の形を変えずに増やすなら
    数枚葉っぱを取って葉挿しで増やす!

・・・という事になりますね。

 

扱いやすい観葉植物なので、
ぜひチャレンジしてくださいね。

最後に

いかがでしたか?

 

今回は金のなる木の増やし方について
私の経験から紹介しました。

 

あまりの簡単さに拍子抜けしたんじゃないでしょうか?(笑)

 

そもそも、私自身が育てることになったきっかけは、
母が実家にあったカネノナルキの枝の先端をくれた事でした。

2枚だけ葉っぱがついた状態で切って、
土にポンっと乗っけた状態で
「これで育つから」と。

 

「え?こんな先っちょだけの状態から育つの!?」

・・・と、最初は半信半疑で育て始めましが、
そのうち自然に根付いて成長してくれましたし、

水やりがおろそかでも全く弱る様子もなく、
「丈夫な植物なんだ~」と感じたからです。

 

実際に水やりを忘れがちな私でも(苦笑)
無事に育てることが出来ていますから。

 

とても育てやすい観葉植物なので
ぜひ、あなたも金のなる木を増やしてみてください!

コメント