シェア&フォローをよろしくお願いしますヽ(・∀・)ノ

フィカス・ウンベラータを水挿しで超簡単に増やす方法を紹介します!

フィカス・ウンベラータを水挿しする花屋 観葉植物

明るい緑色と、ハートの形の葉っぱ
部屋を明るい印象にしてくれる
今、巷で人気のフィカス・ウンベラータ

 

フィカスウンベラータ

我が家にも7年ほど育てているウンベラータがありますが
私が水挿しを始めたきっかけは

「大切なウンベラータを剪定して、切った枝が捨てられなかった」

というチョットしたことからなんです(苦笑)

 

初めは軽~い気持ちで水挿しに挑戦したのですが、
思いのほか簡単に育っていくので
今ではウンベラータを増やす楽しさにハマっています♪

 

剪定したその枝が、また新たに芽吹いて
伸びていく様を見るのは本当に楽しいものですよ^^

 

そこで今回は、フィカス・ウンベラ―タを増やして
部屋を明るく・爽やかな印象にしたいと思っている方に、

  • フィカス・ウンベラータを簡単に増やす方法!

について、私の経験から紹介します!

 

フィカス・ウンベラータの水挿し!準備する物とは?

まず、準備するものについて簡単に説明します。

どれも「家にある物」で揃いますので
チェックしてくださいね!

  • 良く切れるハサミ
  • 新聞紙など下に敷くもの
  • 軍手やエプロン
  • 口が広めで、浅めなビン
  • ティッシュ

どうですか?

どれも家にあると思うんですが(笑)

 

たったこれだけで、1つの観葉植物を
たくさん増やす事が出来るんですよ~♪

 

しかも、超簡単に(*´艸`*)

 

それでは順番に、使い道について説明しますね!

 

剪定バサミor良く切れるハサミ

ご存知かもですが、普通のハサミだと
太めの枝を切るときになかなか切れず、
枝をつぶして傷めてしまう可能性があるのですね(苦笑)

 

なので、ハサミに関しては
良く切れるものが良いでしょう!
(当たり前?)

 

私はキッチンバサミを使っていますが・・・(汗)

 

ぶっちゃけ切れ味に限界を感じる時があるので、
「やっぱり剪定バサミが良いのかな?」と思います。

と言うか、剪定バサミをおすすめします(๑¯◡¯๑)

 

下に敷くもの・軍手やエプロン

じつは、ウンベラータって
ゴムの木の仲間なんです!!

 

なので、樹液は白くネバネバとしており、
手や床につくとなかなかとれません・・・。

 

そりゃ~ゴムの木の仲間ですから
当然と言えば当然ですが、本当に落ちませんよー!

 

・・・という、よく聞く注意事項をスル―して
何にもガードせずに剪定してしまった私は、
散々な目に遭ってしまいました(苦笑)

 

何も考えずに部屋の中で剪定した私は、
手についた樹液のネバネバが
洗っても洗っても落ちず、床の樹液もとれず・・・(涙)

 

家族からも白い目で見られました(/ω\)

 

なので、「床・手・服」
完璧にガードしてから剪定することを強くおすすめします!

口が広めで浅めなビン

ウンベラータを剪定した直後の、
根っこのまだ無い状態ならば
飲料水のビンなどでも全く問題はありません。

 

ですが、発根して根が伸びてくると
ビンの口を通らなくなる恐れがあるので、
口は広めがおススメです。

※根が育つとビンから土に植えかえるから。

 

あと、発根までは毎日水を換えるわけですが、
ついでにビンの中のヌルヌル
簡単に洗える物の方がおすすめです!

 

私の場合は

  • ジャムの空きビン
  • 梅干しの空きビン

などを愛用していますが、
ビンの中が簡単に洗えて清潔に保てるので
とても気に入っています♪

フィカスウンベラータを挿し木するのに必要なビン

 

ティッシュペーパー

先程も上述しましたが、
ウンベラ―タの枝を落とすと
切り口から白い樹液が出てきます。

 

特に本体側から多く出てきて、
時には下にたれてしまうほどです。

 

これを、止血の要領で、ティッシュペーパーをあてがい押さえてあげます。

ちなみに数十秒~数分で止まりますが
手につかない様に注意してくださいね!

フィカス・ウンベラータを水挿しで増やす方法

 

ウンベラ―タの増やし方には、「水挿し」という方法以外にも、

  • 取り木(幹の一部の樹皮をはがし、水苔を巻いて発根させる方法)
  • 挿し木(切った枝をそのまま土に挿す方法)

なども、あります。

 

しかし私は、「発根していく様子が目に見えて楽しい♪」
という理由から、透明なビンで
水挿しをしてウンベラ―タを増やしています。

 

以下に、私が実際にウンベラ―タを増やしている方法と、
ポイントをまとめましたので
具体的にお伝えしますね!

 

まず、水挿しのために剪定をする時期は、
ウンベラ―タが元気に生育している5月~9月くらい
だと言われています。

 

しかし、私は切った枝の
その後の生育をシーズン中に楽しみたいので、
5月くらいに親ウンベラータの枝に新芽が出てきたら

「剪定・水挿し」をしています。

フィカスウンベラータ

 

手順としては、

  1. 剪定した枝の先端から「15㎝~20㎝くらいの部分」の部分をcut。
  2. 切った枝を水を入れたビンに挿します。
  3. 毎日水を換える。

 

・・・おおまかな手順はこれだけです(笑)

 

ちなみに、剪定の目安としては
たくさん葉っぱがある場合は、
先端から1~3枚残して取り払うと良いです。

 

見た目にもスッキリして
おしゃれな感じですよ♪

 

また、大きすぎる葉っぱがある場合
すべて取り払ってしまっても大丈夫です。

 

なぜなら・・・

 

全く葉っぱが無い状態からでも発根しますので(笑)

凄い生命力ですよ(;゚Д゚)

 

ちなみに葉っぱの数を減らすのは
余分な蒸散を防ぐためと、
大きすぎる葉っぱだとビンが不安定で
倒れやすくなってしまうからです。

※私も何回かビンごと倒してしまい
大惨事となったことがあります(苦笑)

 

ちなみに、剪定した枝の
先端を取り除いた中間部分
15~20㎝くらいに切って水に挿しておくと、
発根して葉っぱが出てきますよ。

フィカスウンベラータの剪定方法を示した図

 

そして一番大事なのは、毎日水を換えることです。

あるとき花屋さんに「切り花を長持ちさせるコツってあります?」と聞いてみたのです。
すると、「花瓶のヌルヌルは雑菌が増えている状態で良くないので、ヌルヌルを防ぐこと。」
・・・と、教えてもらいました。

 

枝を水に挿していると
2日くらいでヌルヌルしはじめます。

 

良くないヌルヌルですね(苦笑)

 

これを防ぐために毎日水を換えて、
ビンの中をついでにちょちょっと洗います。

 

その時に、水に浸かっている枝が
ヌルヌルしていたら、
枝自体を流水で優しく洗い流してあげるんです^^

 

もし、「毎日水を換えられない!」
という場合(旅行に行くとか)は、
ハイドロカルチャー用のハイドロボールを
水と一緒に入れておくと良いですよ。

 

数日くらいなら、ハイドロボールは
水位の1/2くらい入れておけばO━d(・∀・。)━K!!

たまに、よ~く葉っぱの表面を見ると、赤い点々が動いていることがあります。ウンベラ―タによくつくハダニです。これは、乾燥するとつきやすいと言われているので、水換えのついでに、葉っぱも弱い流水で洗い流してあげると良いですよ♪

水に挿し始めて2週間くらいで、
水に浸かっている枝の表面に
白い突起(カルスと言うらしいです)が出てきて、
そのうち白い根が出始めます。

 

私はこの様子を観察するのが大好きなので、
透明なビンを使って、キッチンの窓辺に置いています。

フィカスウンベラータ

 

これくらい根っこが充分に出てきたら、土に植えてあげます。

フィカスウンベラータ

 

植えた後の水やりは、
気持ち頻度高めで2日に1回くらいがbest!

 

新芽が出てきてからは、
土が乾いたら水をあげてください。

 

そして、土に植えた後に
新芽が育ったら大成功!

 

このようにして育てたウンベラ―タの子どもたちです。

フィカスウンベラータ

 

 

 

こんな風に育つと、可愛くなってくるので
ついつい増やしてしまうのです(笑)

 

簡単なので、ぜひチャレンジしてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、フィカス・ウンベラ―タを
簡単に水挿しで増やした方法について
私の経験から紹介しました。

 

驚くことにウランベータって、

  • 生育時期に伸びすぎた時
  • 形を整える

以上の理由から、剪定を行ったとしても
切った枝を水に挿しておくと、ほぼ間違いなく発根します!

 

100%とは言えないかもですが(苦笑)
99%とは言い切れますよ♪

 

そして、十分に発根したら土に植えてあげる。

 

たったこれだけで、そのまま根付いてくれるので
とても簡単に育ちますし、簡単に増やせます!

 

ぜひ、ご家庭でもチャレンジしてください。

あまりの簡単さにビックリしますよ(笑)

 

コメント

テキストのコピーはできません。