シェア&フォローをよろしくお願いしますヽ(・∀・)ノ

パキラを剪定~挿し木(水挿し)で増やし育てる方法!画像と図で解説します!

植え直したパキラ 観葉植物

観葉植物 パキラを簡単に増やして育てませんか?

 

パキラは、上に向かって広がる薄い緑の葉が印象的で、
インテリアにもよくなじみ、
また、その育てやすさから人気のグリーンですね。

 

初心者さん向けで育てやすく人気の植物なんですが、
枝が伸びすぎて剪定することが必要になってきます。

 

しかし、剪定した枝って、
簡単に捨てる気にはなれないですよね(苦笑)。

 

そこで今回、剪定したときに切り落とした枝を使って
挿し木(水挿し)で発根させてみましたので、
手順を画像を交えて紹介します!!

 

簡単に増やして育てられますので、
ぜひ参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

パキラを挿し木(水挿し)で簡単に増やす方法

基本的に生命力があって生育が良いパキラ。

 

根っこもあまり張らないので
鉢を大きくする必要もありません。

 

なので、室内で育てる観葉植物として
パキラは凄くおすすめです。

 

私はパキラを水挿しで発根させたものを
鉢植えで育てていますが、
そちらの経過もご覧ください。

 

また、自分なりに
「こうした方が良かったかな?」
というポイントもあるので、併せて紹介しますね!

パキラを剪定し挿し木をする最適な時期は?

まず、パキラの剪定を行う時期
特に決まりはありません。

 

お好みで葉・枝の育ち具合をみて剪定します。

 

ただ、剪定を兼ねて挿し木を行うなら
基本的に生育期の5~9月の間が良いです。

 

特に、早い時期に成長を促進させるなら、
5~6月に剪定~挿し木を行うのがbest!

 

生育期である初夏~秋の間は
みるみるうちに大きく育ちますので
増やしやすいですよ。

パキラの挿し木(水挿し)で準備するもの

  • よく切れるハサミ
  • 空きビン
  • 鉢植えセット

パキラの枝や葉を剪定できるハサミならOK!

水挿しに使う空きビンは、
口が広く安定感のある物を準備しましょう。

※ひっくり返すと水浸しになりますからね(苦笑)。

パキラを挿し木(水挿し)で増やす手順①

以下の図を参考にして下さい。

葉のついている茎の長さは加味せずに、
20㎝くらいの長さで茎を切ります。

 

そして、葉っぱ5枚一組くらいを残して切ります。

観葉植物のパキラの選定方法

なぜ大胆にCUTするかと言うと、
葉っぱをたくさんつけたままだと
蒸散により水分が失われてしまうからです。

パキラを挿し木(水挿し)にする場合、他の植物に比べ気持ち長めの約20㎝に切っています。

この20㎝というのがポイントでして、
パキラは鉢植えにした後でも
あまり根っこが発達しないので、不安定になりがちです。

 

我が家の大きなパキラも、
葉っぱの重さでグラついて傾いていました。

斜めになったパキラ

画像をご覧頂くと分かりやすいですが、
斜めに傾いていますよね?

こうならないよう、鉢植えにしたときに
土に埋める長さを気持ち長めにすると、
鉢植えにした後も安定するんです!!

 

逆に切り落とす茎の長さを長くしすぎると、
葉っぱまで水分が届きにくくなり
生育不足に繋がってしまいます。

 

なので私の経験上CUT する茎の長さは
20㎝位がちょうどbestなんです♪

パキラを挿し木(水挿し)で増やす手順②

先程CUT した茎を水を入れたビンに挿し、
毎日水を換えてあげます。

こんな感じになりました。

剪定したパキラ

パラソルみたいでカワイイです(笑)。

・・・でもこれは大失敗した画像なんです!!

 

画像のように口の狭いビンで水挿しすると、生育と共に根っこが壊れやすくなります。実際に私は、水換えの際に数本折ってしまいました(苦笑)。

 

このためできれば口が広めのビンをおすすめします!

 

また、水換えの時にビンの中がヌルヌルしていたら、
ついでに洗いやすいですからね。

パキラを挿し木(水挿し)で増やす手順③

水挿し後、2週間前後の画像です。

茎の表面のところどころや切り口に
白いものが付着してきます。

パキラの根の部分

これは「カルス」という
分解していない植物細胞の塊なんだそうです。

 

簡単に剥がれてしまいますが、
あえてキレイにしなくても、
そのままにしておいて良いでしょう。

パキラを挿し木(水挿し)で増やす手順④

水挿し後1カ月くらいで根っこが出てきます。

発根したパキラ

もう少し根っこが成長したら、鉢植えにしてあげます。

 

水挿しの後に鉢植えとなったパキラです。

鉢植えに植えたパキラ

これは鉢植えになってから2年くらいたっているものですが、
とっても不安定そうですね・・・(苦笑)。

 

これは当時の私が剪定した枝を
長いままで鉢植えにした結果です。

 

失敗ですね.。。。

 

根っこのあまり張らないパキラには、
この長さはちょっと長過ぎでした。

※この失敗例からみても
やっぱり切る長さは20㎝くらいが良いでしょう!

 

 

しかし、このままの姿では見るに堪えないので(苦笑)

「このパキラも剪定しよう!」

と言うことで、茎の途中で大胆にCUT しました。

新たに剪定し植え替えたパキラ

そして、もう少し深めに植え直しました。

現在経過観察中ですが、一か月くらいたった今、
ようやく新芽が出始めました^^

新芽が出てきたパキラ

大きなパキラ(手順①の画像)も
斜めにグラついていたので
深めにまっすぐに植え直しました。

 

心なしか、以前よりも
のびのびとしているような気がするんです!

※記事冒頭の画像です。

 

ぜひ、簡単に育てられますので
チャレンジしてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、観葉植物のなかでも
育てやすく人気のパキラを
挿し木(水挿し)で増やす方法について

画像や図を用いて紹介しました!

 

じつはパキラって、水が少ないと
「お水が足りません・・・」
と言う感じで、はらはらと葉を落とします。

 

日差しが強すぎると、
「葉っぱが熱いんです・・・」
と言うように、すぐに葉焼けしてしまいます。

 

このように、凄く分かりやすくアピールしてくれるので(笑)、
初心者さんでも育てやすいグリーンなんですよ。

 

特に難しい作業もありませんので、
ぜひパキラをたくさん増やして
部屋中にグリーンを飾ってください。

コメント