シェア&フォローをよろしくお願いしますヽ(・∀・)ノ

お中元のマナーとは?お礼状の書き方はこうする!?

お中元のマナーとは?

 

普段から何気に贈ったり、贈られたりしているお中元
「日頃の感謝の気持ちをこめて」
贈る人も、贈られる人も、みんなが嬉しくなれば良いですね!

 

今回はそんな「お中元」の常識を考えてみました。

お中元のマナーであるのしの書き方

 

知っているのと知らないのでは今後のお付き合いが変わるかも?

 

管理人
管理人

恥ずかしい思いをしないために要チェックですよ!

スポンサーリンク

 

お中元のマナー お礼状について

 

まず、一般常識としてお中元を頂いた場合には、相手にお礼を伝えるのは当たり前のことです。

 

社会人としてどんな場面でもお礼はしっかり行うのが礼儀と言えますよね?

 

しかし最近は、電話やメールで簡単にお礼を済ますケースも目立ちます!

 

もちろん、そういう気軽な間柄の相手なら問題ないかもしれません。

 

でも、わざわざこちらを思って品物を贈って頂いたのに、簡単なお礼だけでは相手に失礼だと思いませんか?

 

逆の立場だったらどうでしょう。やはり、きちんとお礼はするべきだと思いませんか?

 

そこで次に、お礼状の書き方と文例について分かりやすく紹介します。

 

お中元のお礼状!書き方と文例

 

まず、一般的には手紙ハガキでお礼の気持ちを伝えるのが主流です。

 

しかし、無事にお中元が届いた事をお知らせする意味でも電話でのお礼は欠かせません。

 

なので、お礼の伝え方としては・・・

  1. まずは電話でお礼を伝える
  2. なおかつ手紙やハガキでお礼状を送る

このような流れになります。

 

私の経験ではハガキでお礼状を頂くことがほとんどです。

 

また、親しき中にも礼儀あり」と言いますが、

  • 親&兄弟
  • 親しい親族
  • 親しい友人

・・・などなど、付き合いが深い人でもお中元を頂いたのなら必ずお礼は行いましょう!

 

手紙やハガキでのお礼状の書き方ですが、手書きの文面は相手から凄く喜ばれる傾向にあります。

 

なぜなら最近は、手書きの文章というのがメッキリ減っていますからね。

 

年賀状なども手書きのものは随分と少なくなりました。
(ほとんど無くなったかも?)

 

「字が汚いから・・・」

「自信がないから・・・」

 

そう思うかもですが、一言で良いので手書きの文章を入れることで、必ずと言っていいほど相手にお礼の気持ちが伝わります。

 

「家族で美味しく頂きました。」

「いつも本当にありがとうございます。」

「みんな元気に過ごしています。」

 

このような簡単な一文でも大丈夫!

 

管理人
管理人

手書きで正直に感謝の気持ちを書きましょう!

 

取引先の方や目上の方の場合は注意が必要!!!

 

贈り主が目上の人の場合は、なおさら礼儀に配慮したお礼状を作成しましょう。

 

今後のお付き合いを考えて、失礼のない文面が好ましいです。

 

参考までに

・・・・貴社の益々の発展をお祈り致します。

・・・・今後もよろしくお願い致します。

・・・・ご家族のみなさんのご健康をお祈りいたします。

・・・・奥様にもくれぐれもよろしくお伝えください。

相手のご厚意に感謝した気持ちで書くと
自然と丁寧な文章になります。

 

感謝の気持ちを丁寧にお伝えしましょう。

スポンサーリンク

お中元で絶対NGな贈り物について

そもそもお中元は日頃の感謝の気持ちを「品物」にして贈るものです。

 

季節感のある商品選びも大切ですが、相手の好みも考えて贈るのがポイントとなります!

 

お中元選びのポイントは?

相手の家族構成や趣味など、知っている限りの情報を整理しましょう。

  • 好きな物
  • 嫌いな物
  • 子供の人数
  • 趣味や特技

・・・などなどですね。

情報は多ければ多いほどお中元選びが楽になりますよ!

 

最近は「カタログギフト」なども定番です。

 

どうしても商品が決まらない場合は、健康に配慮した商品が良いです。

相手の健康を考えた商品は喜ばれること間違いないです。

 

ちなみに、上司へのお中元選びについてはこちらの記事が参考になります。

上司へのお中元!選び方とリストラ覚悟のNG商品とは?
上司へのお中元を選ぶ際に、注意したいポイントとお中元の選び方のコツを解説しました。お中元で絶対に贈ってはいけないNGな商品から会社の同僚に差をつける気の利いた商品までを徹底解説!
上司へのお中元!同僚に差をつける気の利いた商品はコレ!
上司へのお中元選びに迷ったら、コレです!会社の同僚に差をつける気の利いた商品を上司へ贈りましょう!お中元の選び方や健康に配慮したお中元の商品とは?徹底解説しています。

金額ではなく、「気持ちが一番」です!

気持ちがこもっていればOKです! (*´∀`)

スポンサーリンク

絶対NGな商品とは?

ご存知の方も多いでしょうが、常識として特に目上の方には

  • 「金券」
  • 「現金」

などは絶対にNGですよ!(苦笑)

 

お中元で現金は無いと思いますが念のため注意が必要です。はい。

 

それから、意外と知らない人が多いのが「履物」です。

 

履物は昔から「踏みつける」という意味があるそうです。

 

「上司を踏みつけて出世する!」

・・・なんて思ってると思われますよ。(苦笑)

 

また「時計」「筆記用具」などもNGです。

 

お中元 お返しは必要なの?

 

お中元は日頃お世話になっている方への「感謝の気持ち」です。

ですから基本お返しは必要ありません。

しかし、気持ちは気持ちですから、お返しをしてもOKです。

 

※ただし相手の負担にもなりかねますので、あまり高額にならないように・・・

 

お中元は感謝の気持ちや、疎遠になっている方へのあいさつの意味もあります。

お互いに嬉しいやり取りが出来れば良いですね。

 

この記事が参考になれば嬉しいです。

コメント